インフルエンザの潜伏期間と家族の感染!出勤は不可能?


インフルエンザを発症した人は、家族や周りの人に感染させる事があり、体内に存在している潜伏期間中は特に注意が必要なので、対策方法を紹介します。


7b42235ce5b8b41d3bbf2c0f36fc2af8_s


また出勤可能なのか、どうかもお伝えしていきます。

最初にインフルエンザが発症するまでの潜伏期間を説明して、次に家族の感染を防ぐ方法と出勤に出て来る影響を解説して、治し方を紹介します。

インフルエンザの潜伏期間とは


インフルエンザが体内に入ると症状が出るまでの期間である潜伏期間に入り、潜伏期間は主に1~2日で、長い人の場合は3日程となります。

免疫力が高い人ほど潜伏期間は、長くなるという特徴があります。

免疫が強い大人はインフルエンザの潜伏期間が2~3日と長くなりがちで、逆に子供や高齢者などの免疫が弱い人は1~2日というケースが多いでしょう。

しかし、稀に最短で16時間の潜伏期間の方もいて、長い人は5日経過で症状が現れる方もいます。

ちなみにインフルエンザの潜伏期間が終わると発熱症状が現れます。

発熱の症状が現れ、一週間は家族や周りの人にインフルエンザを二次感染させる力があり、症状が発症して、5~7日間の二次感染期間があるので注意しましょう。

特にインフルエンザの症状が現れて、3日間の感染力が最も強く、家族の方は注意するようにしましょう。

潜伏期間中も人に二次感染させる力があるため、インフルエンザ症状が出るまでは安全という訳ではなく、発症前から注意が必要なのです。

またインフルエンザa型が最も感染力が強く、お亡くなりになる方もいます。

また下痢や嘔吐の症状が続く方は、腸内期間にウイルスが付着した可能性があり、下痢や嘔吐の症状が治るまでは、潜伏期間と考えましょう。

インフルエンザが二次感染する期間は、解熱後から3日経過までという説もあり、家族の方々は充分注意しましょう。

スポンサードリンク


家族の感染を防ぐ方法


インフルエンザが家族に二次感染させないためには、症状が現れて一週間は最低でも予防をする事が重要ですが、その前に二次感染の経路を知る必要があります。

基本的に接触・飛沫・空気感染の3つがインフルエンザがうつる機会です。

例えば接触は触れた場所に8~24時間はインフルエンザ菌が付着し、家族に感染する恐れがあり、ドアノブ・コップ・便器・タオル・衣類・窓などが当てはまります。

またくしゃみや咳で家族に感染する事もあり、空気感染は嘔吐や下痢などの汚物処理をした後に飛び散るインフルエンザ菌を吸い込むと感染します。

家族の方はマスクをして、すぐに窓を開けて過ごすようにしましょう。

インフルエンザの潜伏期間に感染を防ぐためには、基本的に以下の行動を取れば良いので、是非とも実践してください。

家族が感染を防ぐ方法

共同で道具を使わない
マスクをして生活する
インフルエンザ患者を別室にうつす
手洗いうがいをする
患者の風呂は最後にする

以上がインフルエンザの二次感染を家族が防ぐ方法です。

やはりコップやお皿は共同で使うとうつる可能性があり、潜伏期間中は避けるようにするべきで、使ったお皿などは80度以上のお湯に10分付けると殺菌出来ます。

またドアノブや便器は濡らした雑巾で拭くと良いです。

インフルエンザ患者は風呂を最後に入れないと家族に感染する事があり、インフルエンザの家族とキスをするのもいけません。

実際にキスをした人で彼氏にインフルエンザが感染したという人がいます。

また家族の汚物を処理した際に感染する人もいるので、手袋やマスクの着用をしましょう。

スポンサードリンク



家族が発症した時に出勤は可能?


インフルエンザを家族が発症した場合は、出勤可能なのか、分からない方はいると思いますが、基本的に出勤する事は可能となります。

子供は通学や通園にインフルエンザの症状が発症して5日経過して、熱が解熱して
2日経過すると通園する事が可能です。

しかし、大人の出勤はその様に規制はなく、法律的に問題ありません。

問題なのは法律的な問題ではなく、会社がどう対応を取るかで出勤可能か決まり、インフルエンザを発症した家族がいる場合、すぐに電話で確認してください。

出勤禁止と支持する会社もあれば、問題ないという会社も存在します。

家族が新型インフルエンザなら一週間は出勤停止するケースは多く、通常のインフルエンザでも一週間出勤停止という事もあるようです。

話が変わりますが、ノロウイルスを家族が発症した方は、会社を一週間休む事になったという話もあります。

インフルエンザも同じ対応を取られる可能性があり、基本的に発症した家族のインフルエンザ症状が現れ5日経過して、解熱から2日経過すると出勤可能となります。

正社員の方は休日となっても、基本的に給料を受け取る事は可能ですが、やはり会社によって異なるので、期待しない方が良いです。

あなたはインフルエンザを早く治してあげたいですか?

回復が早まる事で出勤出来るので、早く治したいなら下記に治し方を紹介しています。

インフルエンザに有効な治し方

以上でインフルエンザの潜伏期間と家族について終わります。

Sponsored Link


コメントを残す

このページの先頭へ