インフルエンザの潜伏期間と感染力でうつるのか!?


インフルエンザは感染力が強いため、いろんな場所で対策をするように言われていますが、潜伏期間がどれくらいか気になる方がいると思います。


a3298c2b74790908171fa0246409c293_s


今回はいつまで人にうつるのか説明していきます。

まずはインフルエンザの潜伏期間がいつまでか説明して、次にどのような場面でうつるのか、感染力の強さをお伝えして治し方を紹介します。

インフルエンザと潜伏期間の長さ


潜伏期間とは菌が体内に侵入して、症状が現れるまでの時期を示しており、インフルエンザの潜伏期間は基本的に1~3日とされており、長い人は3日以上となります。

最も短い人は16時間以内に症状が現れ、最も長い人は5日程が潜伏期間という報告がされています。

インフルエンザの潜伏期間は免疫力で長さが決まり、免疫力は菌に対抗する力であり、大人は強い傾向にあり、高齢者や子供は弱い傾向にあります。

そのため大人は潜伏期間が長く、子供や高齢者は短い傾向にあります。

インフルエンザの症状がすぐに現れない理由は、潜伏期間中に菌が増えているのが理由であり、体内で増殖した後に体調不良が現れます。

実際に8時間毎に100個→1万個→100万個と増え続けていきます。

インフルエンザの潜伏期間中から感染力は既にあるので、まだ症状が発症していない時から対策を取るべきですが、気づきにくいのでまず無理でしょう。

感染力が最も強いのが、インフルエンザの症状が発症して、3日経過した時なので、うつる可能性が高くなります。

スポンサードリンク


感染力の強さとは


インフルエンザがうつるのか疑問に思う方もいると思いますが、実際に感染力はそこそこ強く、インフルエンザの熱が解熱して、2日経過するまで感染力があります。

潜伏期間が終わるとすぐに発熱をするので、分かりやすいですが、熱がぶり返した場合は感染力があります。

潜伏期間も感染力があるため、5~12日はインフルエンザがうつります。

インフルエンザは3種類に分かれており、主にa型・b型・c型に分類されて、a型は最も感染力が強く、うつる可能性が最も高いとされています。

a型は人間以外の生き物がうつす事があり、鶏などの動物もうつしてきます。

インフルエンザb型も感染力は強いのですが、a型よりもうつる可能性は低く、b型は人から人へとしかうつらないようです。

c型も同じですが、c型は感染力が最も弱く、ほとんどの人が免疫を持つため、うつる可能性が非常に少なく、感染しても風邪程度の症状で終わります。

スポンサードリンク



インフルエンザの感染経路


インフルエンザは感染力が強く、主に接触・飛沫・空気感染をすると分かっており、これら3つのケースでうつる事があるようです。

分かりやすく説明すると以下のようにしてうつります。

インフルエンザの感染源

接触 触れた場所に菌が付着する     (8~24時間)
飛沫 感染者のくしゃみや咳でうつる   (2~5分)
空気 感染者の汚物(下痢・嘔吐)から蔓延 (数時間)

以上がインフルエンザがうつる場面です。

インフルエンザ患者が触れた場所が、凸凹である場合は触れた場所の12時間に菌が生存して、窓や扉の様な平面な所は24時間生存する事になります。

コップ・ドアノブ・皿・お風呂・タオルなどあらゆる面が感染力を持ちます。

しかし、インフルエンザは濡らした雑菌で拭くだけで大丈夫で、皿やコップは80度以上の熱湯に10分入れると殺菌可能で、うつる可能性はなくなります。

インフルエンザ患者は最後にお風呂に入れるようにしましょう。

また患者の咳やくしゃみからうつる可能性があり、2~5分は菌が空気に滞在するため、マスクをして生活して、感染から身を守ります。

特にインフルエンザ患者の汚物処理の時にうつる可能性は高いです。

汚物処理時には空気に菌が飛び散り、数時間は空気に生きているので吸い込むとうつるため、感染力があるので、マスクをして空気を換気しましょう。

また汚物を処理する際は手袋とマスクをして、しっかり行い、終わった後は手洗いを2回行いましょう。

最後にあなたはインフルエンザを早く治したいですか?

もし早く治したいと考えているなら、下記にある記事に改善方法を紹介しているので、気が向いたら見てください。

インフルエンザに有効な治し方

以上でインフルエンザの潜伏期間と感染力について終わります。

Sponsored Link


コメントを残す

このページの先頭へ