インフルエンザの咳と鼻水が出ない?防御反応が関係!?


インフルエンザは発熱と共に咳や鼻水の症状が現れる事が多いですが、人によっては症状が出ないケースがあるようです。


d74de97345ddb62941f7c7b303ebb135_s


今回はどのような影響で、このような違いが出るのかお伝えします。


まずはインフルエンザ症状の咳と鼻水が出ない理由を説明して、次に体の機能を取り戻す方法を紹介したいと思います。

インフルエンザで咳が出ない理由


インフルエンザを発症したのになぜか、全く咳の症状が現れないという方は、逆に不安になるかもしれませんが、全く問題のない事です。

咳などの症状には個人差があるため、出ない事もあります。

咳が出ない場合、原因は別にあると考えがちですが、実際に咳と熱の症状が出ない人が病院で検査したら、インフルエンザと判明した人もいます。

そのため、疑いがある人は病院でインフルエンザの検査を受けましょう。

しかし、なぜインフルエンザの咳が出ないのか、気になりますが、これは防御反応が関係しており、肺や気管など人間の体の部位を守るためです。

元々、咳というのは肺や気管を外部の物から守るための反応です。

主に細菌・ウイルス・ほこり・花粉・異物など体の害になるものを外に吐き出すために起こるのが、咳の症状です。

インフルエンザを発症したのに咳が出ない人は、肺や気管にインフルエンザ菌が侵入していないのかもしれません。

しかし、インフルエンザから身を守る防御反応は、免疫力が低い人だと出ないので、咳の症状が出ない方は、もしかすると免疫力が弱いというのも考えられます。

特に子供に多いため、免疫力を強くするのが良いです。

スポンサードリンク


鼻水やくしゃみが出ない理由


インフルエンザで鼻水やくしゃみが出ない方は、咳の症状と同様に防御反応が関係しており、鼻水やくしゃみは異物から体を守る反応です。

人間は鼻で本来、酸素を吸って生命を維持している生き物です。

しかし、酸素の中にインフルエンザ菌などの異物が混ざっていた時、それを鼻が酸素と同時に吸い込まないため、くしゃみを引き起こすようになっています。

インフルエンザでくしゃみが出ない理由は、外部にインフルエンザ菌が存在しないのが理由と言えます。

そして、鼻水が出る理由なのですが、これは鼻毛や鼻に付着した異物を洗い流すために出る反応なので、出ない方が良いでしょう。

インフルエンザで鼻水が出ない人は、自分の鼻にインフルエンザ菌が付着していないのでしょう。

基本的に症状が出る人は、風邪の可能性もありますが、風邪だとインフルエンザの症状である筋肉痛や関節痛は現れないので、よく見ましょう。

実際に鼻水が出ない人はいるので、病院で検査を受けるのも良いでしょう。

スポンサードリンク



免疫力を高める方法


インフルエンザを発症しているけど鼻水・咳・くしゃみの症状が出ない方は、免疫力が弱っている可能性もあり、そんな時は生姜を摂取すると良いです。

生姜は体を温めて、免疫力を高める効果を持っています。

生姜小1分ぐらいを擦り下ろして、熱湯200㏄を注いで飲むと免疫力が上がるので、インフルエンザの鼻水・咳・くしゃみが出ない人におすすめです。

また体を温める事が大切なので、マフラーで喉を温めたり、服を厚着にして寒くない格好を意識しましょう。

ちなみに症状が出ない人はもしかすると別に原因があるかもしれません。

予防接種で症状が軽症になったため、現れない可能性もあり、インフルエンザc型は比較的軽症で済む事が多いので、現れない事もあります。

Sponsored Link


コメントを残す

このページの先頭へ