インフルエンザの解熱後に咳と鼻水が止まらない?対処法とは


インフルエンザを発症した方は、咳と鼻水の症状が現れますが、解熱後に突入したのにいつまでも止まらない方は注意が必要です。


f43edb252c99ae5e25705d6d4fc31261_s


今回は対処方法を紹介するので、是非見てください。


最初にインフルエンザの解熱後の危険性を説明して、次に咳と鼻水が止まらない時の原因と対処法をお伝えしていきます。

インフルエンザ解熱後の危険とは


激しい発熱が解熱した後は、やっとインフルエンザが治ったと思われがちですが、実はぶり返す可能性があり、解熱後から2~3日の期間経過しないと治ったとは言えません。

当然ながら咳と鼻水が止まらない場合は、注意が必要でしょう。

インフルエンザの解熱後から2~3日経過して、インフルエンザ症状が発症して5日が経過した場合は、治ったという事になるようです。

実際にこの二つの条件を満たせば、咳や鼻水などを除けば、感染力はほとんどありません。

しかし、一度解熱した後にまたぶり返した場合は、解熱後から2~3日は再びリセットして計算するので、咳や鼻水にインフルエンザの感染力が残っています。

特にインフルエンザを発症した際に微熱だった人は、ぶり返す可能性が高いです。

これは菌を倒しきれていない時にぶり返すので、咳や鼻水が止まらない方もまだ体内に菌が残っているので、その可能性は充分あります。

スポンサードリンク


咳と鼻水が止まらない期間


インフルエンザを発症して5日経過した後に、解熱して2~3日経過したにも関わらず、咳と鼻水が止まらないという方は実際にいます。

まだ咳や鼻水に菌が残っていますが、二次感染させる力は弱くなっていますが、うつる事もあります。

実際にインフルエンザが解熱した後なのに咳や鼻水が止まらないという方は多く、解熱して2週間経過すると次第に良くなっていったという方が多いです。

つまり解熱後から2週間以上しても良くならず、咳と鼻水が止まらない方は注意が必要でしょう。

もしインフルエンザの症状が解熱後から2週間経過しても治っていなかった場合は、別の病気が考えられてきます。

元々インフルエンザを発症すると鼻や喉の粘膜などあらゆる部位が弱くなり、細菌やウイルスの影響を受けやすいため、合併症を引き起こす可能性は高くなるのです。

スポンサードリンク



咳と鼻水の原因


インフルエンザが解熱して治った後なのに2週間も咳と鼻水が止まらない方は、以下の病気が考えらられるので、是非チェックしてください。

咳と鼻水が止まらない病気

咳喘息
花粉症
肺炎
気管支炎
タミフルの副作用

以上がインフルエンザ以外の原因と考えられます。

咳喘息が原因であれば解熱後から1ヵ月は、渇いた咳である空咳が続くとされており、ハウスダストなどのアレルギー物質で引き起こします。

鼻水を伴う事がありますが、痰がほとんどでません。

また花粉症はインフルエンザと流行時期が1~3月と被っており、花粉はアレルギーを引き起こし、咳や鼻水が止まらない症状が出る事は多いです。

花粉を改善しない限り治る事はなく、時期も被るので原因である可能性は高いです。

またインフルエンザではなく気管支炎が原因であれば、初期症状で乾いた咳を伴い、次第に咳が痰を絡んだ湿った感じに変化するという症状を引き起こします。

鼻水が止まらない人もいて、数週間で治るようです、ハウスダストなどが原因と考えられています。

また咳と鼻水が止まらない方は、肺炎の可能性がありますが、肺炎は数種類あり、マイコプラズマ肺炎なら咳が3~4週間続き、全身のだるさと胸の痛みを伴います。

夜に咳が悪化するようなので、インフルエンザとの違いがあります。

また否定系肺炎は乾いた咳が止まらなくなり、痰が出ないという特徴があるとされていて、細菌性肺炎なら痰の色が黄色や緑に変色するようです。

タミフルでの副作用で、頻度不明ですが咳が現れる事もあるので、止まらない時は原因と考えられます。

咳と鼻水を良くする方法

部屋の窓を閉めて、空気の乾燥を防ぐようにしましょう。

部屋が乾燥すると吸い込む空気が喉にダメージを与えるので、湿度が高い部屋の方が良いので、窓は閉めておくようにしましょう。

またマフラーをすると免疫力が上がり、咳と鼻水が早く治るようになるのでおすすめです。

最後にあなたはインフルエンザを早く治したいですか?

インフルエンザに有効な治し方

以上で解熱後のインフルエンザ症状について終わります。

Sponsored Link


コメントを残す

このページの先頭へ