インフルエンザの咳がひどい!a型は咳が止まらない?


インフルエンザa型が流行していますが、発症した方は咳がひどい状態となり、長い間止まらないという方も多いそうです。


d3d714dd1b853722df4248c8cb664cd9_s


しかし、あまりにも長い間続く場合は、注意が必要です。


今回はインフルエンザの咳がひどい時の特徴を説明して、次にa型やb型を発症した時に止まらない時の注意点をお伝えしていきます。

インフルエンザによる咳と特徴


あまりにもインフルエンザの咳がひどいと本当に大丈夫なのか、と心配してしまう方がいますが、インフルエンザa型やb型で、咳がひどい時は大変なようです。

実際にa型を発症した人は、止まらない状態になったようです。

咳がひどい時は数時間も止まらなくなり、夜も寝る事が困難となって、ようやく睡眠に入る事が出来ても、咳で起きてしまう事もあったようです。

最終的にはインフルエンザa型の影響で、食欲も落ちたようです。

インフルエンザa型の咳がひどい方は、吐き気を伴う事もあったようで、それほどまでにひどい状態になるので、改善に努めるべきです。

基本的に咳は体内にある異物を追い出すために働くものであり、咳が止まらないなら体内にまだインフルエンザが残っているのでしょう。

そのため、完治していない証であり、他には喉の粘膜にウイルスが付着していて、追い出すために咳が出ているのでしょう。

インフルエンザの薬であるタミフルは頻度不明ですが、咳が副作用として出るので原因として考えられます。

スポンサードリンク


咳が止まらない時の期間


インフルエンザa型を発症したとしても、咳が止まらない状態は良くなるのが正常な反応で、基本的に解熱してから2週間で落ち着いたという方が多いです。

2週間以上も咳がひどいし、止まらないという方は注意が必要です。

この場合ならインフルエンザa型以外の原因も考えられるので、検査する事がおすすめで、2週間以上良くならない方はそうしましょう。

ちなみに咳が止まらない方で、咳が良くなるどころかひどくなった方は特に注意が必要でしょう。

ひどくなっていった方は、インフルエンザa型が原因ではない可能性が高いため、重症化を避けるためにも早めに検査を受ける事をおすすめします。

インフルエンザを発症した方は、体の免疫力が落ちているため、合併症を発症する可能性が高くなるのです。

そのため検査を受ける事は大げさではなく、ひどい咳は知らせでもあります。

スポンサードリンク



インフルエンザ以外の原因


インフルエンザa型で咳が止まらないという状態が2週間以上続き、ひどいままな方は以下の病気を発症している可能性があるので、確認する事をおすすめします。

原因と思われる病気

花粉症
肺炎
気管支炎
咳喘息

以上4つの病気は当てはまります。

花粉症はアレルギー反応による症状で、体内の胃や気道が花粉を追い出そうと咳が止まらないという事になる特徴があり、インフルエンザの流行時期と被ります。

特にいつまでも咳がひどい場合で、目ヤニや皮膚の痒みを訴える人は可能性が高いので、注意しましょう。

またインフルエンザa型から肺炎に繋がる可能性はそこそこ高く、肺炎は数種類あるのですが、マイコプラズマ肺炎なら夜に咳がひどい状態になります。

そして、3~4週間は咳が止まらない状態が続き、胸の痛みが現れます。

細菌性肺炎なら痰の色が黄色に変化する特徴があり、否定型肺炎は乾いた咳が出ますが、痰は出ないのが特徴とされています。

またインフルエンザではなく、気管支炎が原因なら乾いた咳を伴います。

しかし、次第に痰が絡んだ湿った咳に変化するようで、インフルエンザが原因ではなく、気管支炎が原因なら、これらの様子を確認します。

また咳喘息はかなりひどい状態となり、渇いた咳が1ヵ月以上続くので、いずれも特徴のある症状に注意しましょう。

止まらない咳を改善する方法

インフルエンザa型が原因ではない咳だったとしても有効な方法はあるので、症状がひどい方に改善方法を紹介します。

咳が止まらない時の治療法

窓を閉める
玉ねぎを寝床に置く
温かい飲み物を飲む
マフラーをする
パイナップルを食べる

以上が咳が止まらない時におすすめの方法です。

インフルエンザa型などで咳がひどい時は、喉の粘膜も痛みますが、空気の乾燥でもダメージを受けるので、窓を閉めて空気の乾燥を防ぐべきです。

そうすると症状が良くなるので、おすすめします。

また玉ねぎが含む「硝化アリル」は咳を止める作用があり、玉ねぎを半分に切り、切り口を上に向けて、枕の横に置いて寝るとインフルエンザa型の積を治すのに有効です。

ちなみに温かい飲み物を飲むと気道が広がり、咳が出にくくなります。

逆に冷たい飲み物は気道が縮み悪化するので、温かい飲みもがおすすめで、インフルエンザa型になっている時は、マフラーをして体を温めます。

パイナップルが含むブロメラインは咳止め効果を持ち、食欲がある場合は生のパイナップルを食べるのがおすすめです。

以上で咳がひどい時について終わります。

Sponsored Link


コメントを残す

このページの先頭へ