インフルエンザの症状と2016!喉の痛みと咳が止まらない


2016年がようやく訪れたとホットしている時にインフルエンザは突然現れ、感染した人は止まらない咳や喉の痛みなどの症状を引き起こします。


a1450d294167df7fa8a826b7e8cac3db_s


今回はそれらの特徴と改善方法をお伝えします。

まずは2016年のインフルエンザ情報を説明していき、次に症状である止まらない咳や喉の痛みがどのようなものか解説します。

インフルエンザと2016年の情報


2016年は毎年のように12~3月がピークとなり、12月は特にインフルエンザ患者が
最も増える時期であり、感染者の症状に注意が必要です。

しかし、12月の前である11月からインフルエンザ患者が多少いるので、充分な注意が必要でしょう。

2016年で気を付けるべきことは、新型のインフルエンザであり、この菌は毎年の常に進化してパワーアップしていくのが特徴で、種類も豊富にあります。

そのため2016年は新型のインフルエンザの情報を入念にチェックしましょう。

基本的に2016年など年月が経ってもインフルエンザ症状に変化はないですが、新型なら別なので、ニュースやスマホでマメに情報収集しましょう。

インフルエンザの症状は高熱・悪寒・筋肉痛・関節痛・咳・喉の痛み・頭痛などが当てはまるので、注意してください。

インフルエンザは基本的に3~7日で治る事になります。

スポンサードリンク


咳の症状と特徴


2016年になってもインフルエンザの症状である止まらない咳を発症する事もあり、基本的にインフルエンザでは、呼吸器系の症状を伴います。

ちなみに発症するまでの潜伏期間は1~5日で、咳が止まらない人も3~7日間で治る事がほとんどです。

この治療期間は喉の痛みも当てはまり、咳で喉の粘膜が傷つく事で、痛みを伴っているため、止まらない状態が治れば、自然と良くなります。

また咳の症状が酷い人は2016年も毎年と同じ感じとなり、咳が酷いと気管支炎や肺炎を引き起こす事になるでしょう。

ちなみにインフルエンザは3種類に分かれますが、咳と鼻水の症状が同時に出る場合はインフルエンザB型の症状に現れる事が多く、そこそこ感染力があります。

ちなみに咳の症状ははインフルエンザが残りやすく二次感染力が非常に強いです。

そのため他の人の事も考えて2016年からは止まらない咳の対策として、マスクを着けるようにするべきで、マスクも1日1回変えるように使いましょう。

スポンサードリンク



喉の痛みの原因とは


インフルエンザの症状で喉の痛みを伴う方の原因は、発熱による炎症が原因であり、喉の粘膜が炎症を起こして、痛みを伴っていると考えられます。

また咳などの動きで、空気に粘膜が触れて痛んでいるのも関係しています。

インフルエンザの症状だけが、喉の痛みの原因と思われがちですが、実際にはそうではなく、この時期は冬という寒い時期なので、空気が乾燥しています。

乾燥した空気を吸い込んだ喉の粘膜は、乾燥して傷付きます。

するとその部分は炎症を起こして痛む事になり、インフルエンザの症状だけではないので、2016年は寒さの対策にも気を付けましょう。

咳と喉の痛みの治療方法

インフルエンザの症状で喉の痛みと咳が止まらないという人は、治療方法があるので今から紹介したいと思います。

咳と喉の治療方法

マスクをする
温かい飲み物を飲む
生姜湯を飲む
刺激物を避ける

以上がインフルエンザ症状に有効な方法です。

マスクはインフルエンザを防ぐだけでなく、口に入る空気を湿気させるため、喉の粘膜に優しい状態にする事が出来るため、喉の痛みに有効です。

また温かい飲み物を飲むと気管が開いて、咳が止まりやすくなります。

逆に冷たい飲み物は咳が酷くなるとされており、喉の痛みも増す事になるので、インフルエンザ症状が現れている方は注意しましょう。

また生姜は体を温めて免疫を良くしますが、咳を止める効果があります。

生姜小1ほど擦り下ろして、熱湯100㏄を注ぐと完成なのですが、そこにハチミツを入れるとさらに効果が高くなり、おすすめできます。

またインフルエンザの症状で咳や喉の痛みが出ている時は、刺激物であるお酒・コーヒー・冷たい飲み物・唐辛子・炭酸飲料は避けて生活しましょう。

最後にあなたはインフルエンザを早く治したいですか?

それなら下記に紹介している記事に治し方を紹介しているので、見てください。

インフルエンザに有効な治し方

以上でインフルエンザ症状と2016年について終わります。

Sponsored Link


コメントを残す

このページの先頭へ