インフルエンザに食事の栄養で回復する方法とは


インフルエンザを発症した時は、食事でどんな栄養を取れば良いか、分からずに回復する際の注意点も分からないでしょう。


7e062637d72f7d20421865441acfd891_s


今回はインフルエンザに有効な食事で、必要な栄養をお伝えします。


インフルエンザの食事で回復するポイントをも紹介しながら、どんな食生活を送ればいいのか説明して、治し方を最後にお伝えします。

インフルエンザに効く栄養と食事とは



食事を取る際にどんな栄養を取ればいいのか、インフルエンザの回復に良い成分が分からない方は、以下を摂取すると良いです。


インフルエンザの栄養と食事


たんぱく質

たんぱく質を摂取すると新陳代謝が上がり、新陳代謝が上がると体温が上がって、体温が1度上がるだけで、免疫力は5~6倍上がるので、インフルエンザを発症した時に食事によって、たんぱく質の栄養を取ると回復に繋がります。

含んでいる食品 納豆・卵・白身魚・鶏肉・チーズなど


ビタミンB

インフルエンザで、食欲が全くなく疲労感もあり、疲れている時に回復する効果があるのが、ビタミンBで、食事に取り入れる事で疲労を回復して、食欲を増進してくれます。

含んでいる食品 うなぎ・たらこ・納豆・卵・舞茸


ビタミンC

インフルエンザの回復に役立つのがビタミンCの栄養で、この栄養は免疫細胞の白血球を活性化させて、インフルエンザなどのウイルスに対抗する力を強くする効果があり、回復を早めてくれて、予防にもなります。

含んでいる食品 じゃがいも・水菜・ゴーヤ・パプリカ・ブロッコリー・キャベツ
        ゴーヤ・レモン・柿・キウイ


ムチン

インフルエンザに有効な食事では、ムチンもよく、こちらは回復というよりも予防に効果的であり、ヌメヌメ成分が鼻や喉の粘膜を保護してくれます。

含んでいる食品 納豆・なめこ・オクラ・里芋・山芋・モロヘイヤ



以上がインフルエンザに効く栄養です。

スポンサードリンク


インフルエンザを回復する食事法


もしもインフルエンザで食事を取る気になれない時は、食べない方が回復に繋がり、本来動物は体調が悪いと食事を控えて、エネルギーの消費を抑えます。



そして、免疫力を高めるのが自然であり、実際に実験も行われています。



南カリフォルニア大学の研究では3日間の断食で免疫全体が再生したと分かっており、短時間の断食でも免疫細胞を刺激して、白血球を生み出します。



断食状態になると免疫細胞の白血球が栄養不足となります。



白血球はお腹を満たすためにインフルエンザや風邪の菌を食べるようになるので、食事を取らないほうが回復が早いという事もあります。



もしもお腹が空いている人は、腹5分まで食事を取ると免疫力が上がり、回復が早いです。



しかし、夜8時以降の食事などはインフルエンザの回復を遅くしてしまうので、時間はしっかり決めて食事を取るべきです。



ちなみに食事は1回30~50回噛んで食事を取ると消化エネルギーの消費を抑えられます。



そして、インフルエンザの回復が早くなるので、早く治したい人はしっかりと噛んで食べるようにしましょう。



問題なのは、乳児~幼児の子供で、幼い子供は食事を食べさせた方が良いです。



乳児や幼児は栄養がないと免疫力が弱く、インフルエンザの治りが遅くなるので、ミルクや授乳量を一度に与える量を減らして、与える回数を増やすと有効です。

スポンサードリンク



回復の妨げになる食べ物


お酒・コーヒー・冷たい飲み物・炭酸飲料などもインフルエンザの回復の妨げとなるので、食事から外しましょう。


特に白砂糖は免疫力を下げると分かっているので、控えた方が良いです。


最後にあなたはインフルエンザを早く治したいですか?


インフルエンザに有効な治し方


以上でインフルエンザの食事で回復について終わります。

Sponsored Link


コメントを残す

このページの先頭へ