インフルエンザの食事は一人暮らしや治りかけはどうする?


インフルエンザを発症した人が、一人暮らしをしている場合は食事はどんなものがおすすめか分からないと思います。


2e33973688525baec0794153e8291b96_m



また治りかけになった時の食事にも気を付けるべきです。


今回は一人暮らしにおすすめのインフルエンザの食事と治りかけの時の摂取法を紹介して、最後に治し方を紹介します。

インフルエンザの食事と一人暮らし


今から一人暮らしをしている方に簡単に食べる事が出来て、インフルエンザに有効な初回したいと思います。


一人暮らしにおすすめの食事


レトルトおかゆ

コンビニなどにレトルトのお粥が売っており、基本的に簡単に食べる事が可能で、消化に優しい事からインフルエンザの食事に適しており、一人暮らしの方にも嬉しく、治りかけんの時も良いです。



冷凍うどん

冷凍うどんはコンビニにも売っており、こちらも消化に優しく、他にもたんぱく質で新陳代謝を上げて免疫力を上げる効果があり、ビタミンB類で疲労を回復効果やインフルエンザの熱で排出されるミネラル類を補給できるので、一人暮らしの食事に有効で、治りかけにも有効です。



納豆

手軽に食べられる納豆は、新陳代謝を上げて免疫力を上げるたんぱく質や疲労を回復するビタミンB類を含み、豊富なミネラル類と鼻や喉の粘膜を保護して、インフルエンザを予防する効果があり、納豆菌という成分がインフルエンザの増殖を抑える事から、一人暮らしの食事におすすめで治りかけに食べても良いです。



お茶漬け

普通にお米を食べるよりもお茶漬けにして食べた方が、消化に優しく、一人暮らしの方にも手軽に食べる事が可能で、治りかけのインフルエンザの食事にも適しています。



アイスクリーム

消化に優しいデザートで、一人暮らしの方でも手軽に食べる事が可能であり、インフルエンザの食事に適したデザートで、治りかけの時もおすすめです。



ヨーグルト

ヨーグルトは善玉菌を増やして免疫力を高める効果があり、ナチュラルキラー細胞というインフルエンザなどのウイルスを殺菌させる細胞を活性化させる効果があり、吐き気・腹痛・下痢の症状がない時にインフルエンザの食事におすすめであり、一人暮らしや治りかけの人におすすめです。



バナナ

消化に優しいバナナはたんぱく質やミネラル類を含み、免疫力を上げる効果があり、インフルエンザの熱で掻く汗から排出されるミネラルを補給できて、手軽に食べられる事から一人暮らしの方におすすめで、治りかけにも良いです。



ゼリー 

消化に優しいだけでなく手軽に食べられる事から、インフルエンザの食事に適しており、みかん・ぶどう・パイナップル・りんごなどの果物が含まれているものは、ビタミン類を含むので、治りかけや一人暮らしの時におすすめです。



野菜ジュース

野菜ジュースはコンビニにも売っており、ビタミンCを含む黄色の野菜類を含むのが良く、ビタミンCは免疫力を上げる作用があるので、インフルエンザの食事に適しており、一人暮らしの方や治りかけの人におすすめです。


以上がインフルエンザの食事です。

スポンサードリンク


治りかけの時の食事


インフルエンザが治りかけになった時は、ぶり返す恐れが充分にあり、実際に熱が解熱して2日以内はぶり返す恐れがあります。


基本的に治りかけの時は、満腹まで食べてはいけません。


人間にある免疫細胞の白血球は満腹になると動きが半減して、インフルエンザを食べる量も半分になるのです。


基本的にプチ断食や腹5分まで食事を食べると治りかけに良いです。


南カリフォルニアで昔、3日間断食をするという研究が行われ、結果は免疫細胞が全て活性化していたという結果に終わりました。


つまり、免疫力が上がるのです。


何も食べなかったら免疫細胞の白血球が空腹になり、インフルエンザを食べるようになる事から、食事は少しで良いです。


これは少しの断食でも効果があり、免疫細胞を活性化させます。


インフルエンザが治りかけの時は、食事を腹5分にまで抑えると免疫力が上がり、消化エネルギーを使わない事が有効なのです。


しかし、夜8時以降の夜食などは硝化の負担が掛かり、良くないです。


あなたはインフルエンザを早く治したいですか?


もしその答えがはいであれば、下記にインフルエンザを早く治す方法を紹介するので、気が向いたら見てください。


インフルエンザに有効な治し方


以上でインフルエンザの治りかけと一人暮らしについて終わります。

Sponsored Link


コメントを残す

このページの先頭へ