インフルエンザb型の早い治し方は睡眠や食事が重要?


インフルエンザb型を発症してしまい、どういう治し方をすれば早い段階で治す事が可能なのか気になると思います。


1b9276f39e1aead3e09168dcad351879_s


今回は食事や睡眠など生活習慣を用いた、治し方を紹介します。


またインフルエンザb型の症状を説明した後に症状に合った早い治し方を紹介するので、是非とも取り入れてください。

インフルエンザb型とは


まずインフルエンザb型は2~3月に流行する傾向にあり、A型と症状にも違いがあるので、全体の症状を説明していきます。


インフルエンザb型の症状


・筋肉痛
・寒気
・熱
・鼻水
・咳
・喉の痛み
・倦怠感
・下痢
・腹痛
・吐き気

以上がインフルエンザb型の症状となります。


まずa型と熱に違いがあり、インフルエンザb型は37~38度の微熱に終わる事が多く、二峰性発熱と呼ばれる厄介な性質もあります。


例えばインフルエンザb型の熱が治って、2日以内はぶり返す恐れがあります。


またインフルエンザb型は熱が下がりにくい傾向にあり、4~7日は続くようになるので、早く治すのは難しいです。


他にもインフルエンザb型は、初期症状に喉の痛み・咳・鼻水などが現れます。


これは風邪に似ていると言われており、インフルエンザa型ならそんな事はないので、最初に風邪のような喉の痛み・咳・鼻水が出るならb型と考えられます。


感染したばかりの時は、分かりづらく人にうつす傾向がa型よりも強いです。


インフルエンザb型はa型と異なり、消化器系の症状が現れがちです。


それは主に腹痛・下痢・胃炎などの事であり、治し方としては特に腹痛・下痢・胃炎には注意を払っていき治していく治し方が有効です。

スポンサードリンク


インフルエンザb型の早い治し方とは


まずインフルエンザb型は4~7日ほどで治る傾向にあり、治し方次第で早い段階で治療する事が可能なので、紹介していきます。


インフルエンザb型の早い治し方


・水分補給を小まめにする

インフルエンザb型は熱が長引く傾向にあるので、汗をよく掻く時は特に水を小まめに飲む必要があり、1日2ℓは最低飲むようにすると治し方として有効で、インフルエンザb型で下痢がある時は脱水症状になりがちなので、頻繁に飲むようにしましょう。


・解熱剤を控える

インフルエンザb型で熱が39度以上になった時以外は、解熱剤を控えた方が良く、人間は体温を上げる事で免疫細胞の白血球を増やして熱を出しますが、インフルエンザb型と抵抗するのに熱は必要なものであり、解熱剤で熱を下げるとインフルエンザb型を退治出来ず、後で熱がぶり返したりすることが多く、それほど高熱でないなら控えましょう。



・マフラーで首元を温める

人間の首元には体温を調節するツボがあり、マフラー・タートルネック・タオルなどで温めると体温を上昇する事が可能であり、体温が1度上がるだけで免疫力は5~6倍上がるため、インフルエンザb型の早い治し方にはマフラーをするのが良く、インフルエンザb型の咳や喉の痛みにも喉を保湿して早く治せます。



・下痢止め薬は服用しない

インフルエンザb型を発症すると腹痛や下痢を伴いがちですが、早い治し方としては下痢止め薬を服用しない方が良く、やはり糞便でインフルエンザb型のウイルスが排出されて治るので、下痢止め薬を服用すると治りが遅くなるので、整腸剤がおすすめです。



・部屋を暖かくする

インフルエンザb型は温かい温度を苦手とするので、なるべく部屋を暖かくしたりすると増殖を抑えて、治し方として有効なのでおすすめします。



・お風呂には入らない

基本的にインフルエンザb型の患者がお風呂に入るのはおすすめ出来ず、余計に体力を消耗する恐れがあるので、早い治し方としては有効ではなく、
温かいお湯で濡らしたタオルを絞ったもので、体を拭くと良いでしょう。



・汗を拭くようにする

インフルエンザb型は熱が長引くので、汗を頻繁に掻いて、衣類ぬれたりすると体温が下がって、治りが遅くなるので、早い治し方を心掛けるには頻繁に衣類を着替えたり、汗を拭く事が大切です。



・睡眠の時間を考える

人間は夜の10~2時はゴールデンタイムと呼ばれており、成長ホルモンが分泌されて、インフルエンザb型の症状で弱った部分を修復して、免疫力を上げる効果があるので夜の10~2時には寝るのが良いです。



・睡眠の質を高める

5時間以下の睡眠だと免疫力が下がり、寿命が短くなるという統計があり、インフルエンザb型の早い治し方としては、最低でも7時間は睡眠を取ると免疫力が上がり、寝る際は音や光があると睡眠の質が落ちるので、早い治し方としては暗くて静かな所で寝るのが良く、睡眠前の3時間前に食事を取ると睡眠の質が落ちるので控えます。



・マスクを着用する

インフルエンザb型が治ったとしても、家族や周囲の人にうつしてしまった場合は、治りかけの際に他に感染者が出て、またうつされる可能性があり、そうならないためにも普段からマスクを着用するのが大切で、うがいや手洗いも必須です。



・加湿器を50~60度設定で使う

インフルエンザb型は低温や低湿を好んで活発化して、乾燥した空気で喉の粘膜が弱った際にやられがちで、加湿器で温度と湿度を上げると空中で生存率が下がり、浮遊するのも困難で行動力が落ちる事からインフルエンザb型に有効で、早い治し方にもなります。



・食事を控える

インフルエンザb型を発症して、食欲がないなら無理をして食べるべきではなく、人間は体が弱ると食事を控えて消化エネルギーを蓄える作用があり、免疫力を上げる効果があるので、早い治し方として有効と分かっており、実際に南カリフォルニアで
3日間食事を控える実験があり、結果は免疫全体の機能がが復活したと分かっており、朝食を抜くだけでも効果があります。



・消化に優しい食事を取る

インフルエンザb型で腹痛や下痢がある時は、食事を控える方が早い治し方になりますが、治ってきたら、まずはお粥・そうめん・うどん・ゼリー・野菜ジュースなどを摂取していくと消化の負担が少なく、早い治し方となります。



・幼児は食事を取る

幼児がインフルエンザb型に発症した場合の早い治し方は、食事を与える量を数回に分けて当たるのが良く、一度に与える量は少なめにするのがコツで、大人と違い免疫力が低いので、食事を取った方が幼児の場合は早く治る傾向にあります。



・刺激物を控える

インフルエンザb型は腹痛や下痢を伴いがちですが、そんな時にお酒・炭酸飲料・コーヒー・柑橘類・冷たい牛乳・食物繊維などを摂取すると腸を刺激して腹痛や下痢が悪化するため、治りが遅くなるので、おすすめ出来ません。



たんぱく質とビタミンCを取る

たんぱく質は人間の体温を上昇して免疫力を上げる効果があり、主に卵・納豆・豆腐・白身魚が含んでおり、インフルエンザb型を早く治すにも有効で、ビタミンCは
免疫細胞の白血球を活発にするので、キャベツ・ピーマン・ブロッコリー・じゃがいも・キウイ・レモン・苺を摂取すると良く、下記のページでインフルエンザb型に効く食事を紹介しています。


インフルエンザに有効な食事

以上でインフルエンザb型の早い治し方を終わります。

Sponsored Link


コメントを残す

このページの先頭へ