インフルエンザの腹痛と下痢の治し方は食事と水分が大切?


インフルエンザを発症すると体が辛いだけでなく、お腹がグゥグゥとなり、腹痛や下痢を伴う人も多いようです。


4a2c980501f0cb70723afed63fe27210_s



今回はインフルエンザの腹痛と下痢の特徴をお伝えします。


またインフルエンザの腹痛と下痢に有効な治し方も紹介するので、治し方が分からない人は参考にしてくれると良いです。

インフルエンザの腹痛と下痢とは


基本的にインフルエンザ腹痛と下痢が出るのは、b型に多い傾向があり、
消化器系の症状である腹痛や下痢が現れやすく、治るのも遅い傾向にあります。


熱は37~38度が多く、治るのがa型よりも遅い傾向にあり、4~7日は必要となります。


インフルエンザb型は2~3月辺りに流行する傾向にあり、インフルエンザa型は12月辺りから流行する傾向にあります。


またインフルエンザa型を発症した大人だと腹痛や下痢は、現れにくい傾向にありますが、子供はa型でもb型でも腹痛や下痢を伴いがちです。


しかし、インフルエンザb型を発症した大人は、腹痛や下痢を子供と同じく発症しがちです。


そのため、インフルエンザb型の方が腹痛や下痢は酷い傾向にあります。


しかし、インフルエンザの薬であるタミフルなどがありますが、実はタミフルの副作用によって腹痛や下痢を伴う事もあります。


体に強くタミフルの作用が出ると副作用が現れる事があり、主に平均5%程です。


インフルエンザの薬であるタミフルが原因で、下痢や腹痛の副作用は特に現れやすく、もしも薬が原因なら服用した直後に下痢や腹痛が現れるでしょう。

スポンサードリンク


腹痛と下痢の治し方とは


次にインフルエンザの腹痛と下痢に有効な治し方を紹介するので、困っている人は是非とも参考にしてください。


腹痛と下痢に有効な治し方


刺激物を控える

インフルエンザで腹痛と下痢がある時にお酒・コーヒー・炭酸飲料・柑橘類・食物繊維・冷たい牛乳は腸を刺激して、腹痛と下痢を悪化させるので、控えるようにすることが治し方に繋がります。



水分補給を頻繁にする

水分補給は非常に大切で、インフルエンザで下痢がある時には汚物と同時に水分も排出されるので、それを防ぐためにも水を頻繁に飲む事が大切で、吐き気や腹痛で飲みたくない状態が続くなら、病院で点滴を受ける治し方が有効です。



下痢止め薬を服用しない

インフルエンザで腹痛や下痢が続く時は、ついつい下痢止め薬を服用してしまいがちですが、ウイルスの排出は糞便から出す事で治し方に繋がっているので、下痢止め薬で止めると治りが遅くなり、治し方としておすすめ出来ません。



食事を控える

インフルエンザで腹痛や下痢がある時は、腸内の状態が悪いのに食事を取ると腸内がさらに荒れるようになり、腹痛や下痢が悪化するので、しばらく食事を控えた方が有効な治し方となり、消化エネルギーを使わないで済むので免疫力が上がり早く治りがちで、いつまでも食事が取れないなら点滴を受けるのが良いです。



消化に優しい食事を取る

インフルエンザの腹痛と下痢が回復してきた場合は、食事を取っても良いですが、
消化に優しいものから食べる治し方が良く、主にお粥・そうめん・うどん・野菜のポタージュ・ゼリー・プリンなどがおすすめです。



合谷を押す

人間の人差し指と親指の付け根の中間地点にある窪んだ部分が合谷(ごうこく)であり、ここを刺激するとインフルエンザの腹痛や下痢に効くので治し方の一つとなり、下記の動画を参考に刺激してみましょう。







以上がインフルエンザの腹痛と下痢の治し方です。


最後にあなたはインフルエンザを早く治したいですか?


それなら下記のページに早く改善する方法を紹介しているので、治し方を知りたい方は是非とも見てください。


インフルエンザに有効な治し方


以上で終わります。

Sponsored Link


コメントを残す

このページの先頭へ