インフルエンザの筋肉痛と関節痛の治し方は冷やす?


インフルエンザを発症したら、体の節々が痛くて関節痛を発症している事があり、筋肉痛も出て体が痛くて歩く事もできない人もいるでしょう。


eca39dfc893a26ddd502014d3e958045_s



今回はインフルエンザの筋肉痛と関節痛の治し方を紹介します。


インフルエンザの筋肉痛と関節痛が、具体的にどのような要因で行っているかなども説明していきたいと思います。

インフルエンザの筋肉痛と関節痛の原因とは


筋肉痛や関節痛がインフルエンザによって現れるのは、プロスタグランジンが原因と考えられています。


まずは下記の図を見てください。


インフルエンザ侵入
    ↓
サイトカインの分泌
    ↓
プロスタグランジンの分泌して動かす
    ↓
体温調節をする機能に情報を伝達 
    ↓
高熱でインフルエンザに抵抗
    ↓
筋肉痛や関節痛が現れる


以上のような感じになっています。


インフルエンザが体内に侵入すると免疫細胞が、サイトカインを利用して、細胞にインフルエンザの侵入を伝えます。


本来ならサイトカインが脳の視下床部に行くのですが、途中で通れず、情報を体温調節にに伝えられません。


そこでプロスタグランジンが分泌して情報を伝えて、これも筋肉痛と関節痛の原因です。


インフルエンザによるプロスタグランジンとサイトカインの分泌で、炎症と筋肉収縮の痛みが主な理由で現れます。


プロスタグランジンは主にインフルエンザを殺菌して増殖を防ぐ・血液の流れを良くする・サイトカインの分泌を防ぐ働きがあります。


プロスタグランジンは痛みを強く感じるように増強させる作用もあり、僅かな体の動きで体が痛みを伴い、関節痛と筋肉痛を感じるようになるので原因となります。


インフルエンザは高熱が出ますが、熱が強いほど関節痛と筋肉痛が酷いです。


熱を上げる際に体全体に痛みや炎症を加える事で、加熱させる事から、インフルエンザの関節痛と筋肉痛に繋がります。


またサイトカインの分泌で、熱が出て血管が広がると周辺にある神経が圧迫されます。


その圧迫された神経が痛みとなるので、インフルエンザの関節痛や筋肉痛に繋がり、熱が原因であるとも言えます。


またタミフルの副作用で稀に関節痛が現れる事もあり、服用直後に関節痛になるのなら原因として考えられます。

スポンサードリンク


関節痛と筋肉痛の治し方とは


インフルエンザの関節痛と筋肉痛は、3~7日ほどで治り、熱が改善されると良くなる傾向にあり、今から治し方も紹介していきます。


関節痛と筋肉痛に有効な治し方


保冷剤などで冷やす

インフルエンザの関節痛や筋肉痛になると熱で、血管が広がり周辺の神経を圧迫する事で痛みが出たり、プロスタグランジンが血流で流れる事から関節痛や筋肉痛に繋がるので、痛む所を保冷剤などで冷やすと熱が下がり、血流の流れも穏やかになり、血管が収縮するので炎症が良くなり治し方となります。



筋肉の緊張を解す

インフルエンザの関節痛や筋肉痛は、周辺にある筋肉が緊張状態にあれば、痛みが強くなってしまうので、アロマセラピーなどをするのが良く、アロマを嗅覚から取り入れると神経の流れが穏やかになり、鎮痛作用があると分かっており、治し方の一つとなります。



お風呂に入らない

インフルエンザで筋肉痛や関節痛がある時は、お風呂に入らない方が早く治るので、とにかく濡らしたタオルで体を拭くと良いです。



合谷を押す

人差し指と親指の付け根から中間の部分にある窪みがあれば、そこが合谷(ごうこく)であり、ここを刺激するとモルヒネ様物質を分泌して、痛みを緩和する効果があるので、インフルエンザの筋肉痛や関節痛に有効なので、下記の動画を見て刺激すると治し方に繋がります。







睡眠をしっかり取る

睡眠を取ると成長ホルモンが分泌され、この成分は体を修復したりする効果があり、筋肉痛や関節痛で出来た体の炎症を良くするので、睡眠は7時間は取るのがおすすめで、インフルエンザの際は夜の10~2時に寝る治し方がおすすめです。



少し体を動かす

インフルエンザの筋肉痛や関節痛が酷いと動けないかもしれませんが、常に寝たきりで同じ体勢だと筋肉が硬化して、体に負担が掛かるので筋肉痛や関節痛が酷くなりやすいので、体を少し動かす事が治し方の一つになります。



解熱鎮痛剤を服用する

インフルエンザの筋肉痛や関節痛に効くのが、解熱鎮痛剤であり、病院の医師に相談すると処方される事が可能で、筋肉痛や関節痛の原因となるプロスタグランジンの分泌を抑えるので、治し方に有効ですが、インフルエンザ脳症になる危険性もあるので、相談して決定した方が良いです。


以上が筋肉痛と関節痛の治し方となります。

Sponsored Link


コメントを残す

このページの先頭へ