インフルエンザの薬以外の治し方で自力で改善出来る?


インフルエンザを発症してしまったけど48時間が経過してしまい、薬以外の治し方に頼らざる負えない状態になる時ってあると思います。


7aff1b7f8340a34120ea88c627356079_s



今回はそんな方に薬以外の自力で出来る治し方を紹介します。


インフルエンザは薬以外にも自力で出来る治し方があるので、現在困っている人は是非とも参考にしてください。

インフルエンザの薬は無くても自力で治せる?


昔はインフルエンザの薬など無く、自力で治すのが一般的であり、薬など無くても治せるのです。


そもそも人間には、自然治癒力というものがあります。


そのため、薬以外の治し方に頼るのが必然で、自力で治すのが自然です。


インフルエンザの薬は、そもそも副作用が出る事もあるので、そんなに良い事ばかりの治し方ではなく、服用しないメリットもあるので気にしなくても良いです。

スポンサードリンク


インフルエンザに効く自力の治し方とは


今から薬以外で自力で出来るインフルエンザの治し方を紹介するので、現在困っている人は是非見てください。


インフルエンザに有効な自力の治し方


首元を温める

体の体温に大きく関わっているのが首元の部分で、ここにツボがあり、体温を調節していて、マフラー・タートルネック・タオルで温めると良く、免疫力が上がり、インフルエンザの対抗力とウイルスの増殖を防ぐ効果的な治し方です。


卵を食べる

卵は免疫力を高めてくれるたんぱく質・亜鉛・ビタミンD・Eを含んでおり、栄養の観点からインフルエンザや風邪に最も有効な食べ物なので、卵を食べると治りが早くなり、卵以外なら鮭やたらこも栄養が豊富でおすすめです。


水分補給をする

まず水分補給は1日2ℓ飲むのが望ましく、小まめに飲む事で、血液がサラサラになり、全身に栄養と酸素が上手く運ばれ、免疫細胞の動きも良くなり、免疫力が上がるので、インフルエンザの治し方に有効です。


睡眠の3時間前に食べ物を食べない(水は良い)

実は睡眠の3時間前に食べ物を食べると、消化器官が動くだけでなく、脳や臓器も活動を始め、睡眠中に脳や臓器が休むことが出来ないため、睡眠の質が下がって免疫力が下がるので、インフルエンザの治し方は睡眠の3時間前に食べ物を食べないことです。


なるべく解熱剤を服用しない

発熱というのは免疫力を上げて、インフルエンザや風邪に対抗するために出ている症状であり、それを解熱剤で熱を下げてしまうと免疫力が下がって、逆に治りが遅くなります。そのため、熱が38度ぐらいなら使わない方が良いです。しかし、熱が39度以上だと使った方が良いという意見もあるので、使用するかどうかは自己責任でお願いします。


風邪薬を服用しない

熱を抑える風邪薬を服用すると、熱が下がって免疫力が落ちるので、インフルエンザに対抗する力が弱まるため、治りが遅くなる事が多く、実際に風邪薬の服用で風邪の治りが遅くなったと判明しています。


睡眠の質を高める

いくら睡眠時間を取ってもインフルエンザを自力で治すのが困難な時は、睡眠の質が低い可能性があり、睡眠の質が上がれば免疫力の向上に大きく貢献して治し方として有効で、音や光が刺激となり、睡眠の質が落ちるので、窓を閉めてカーテンを閉じて、暗くて静かな部屋で寝ると治し方に効果的です。


間食をしない

実は間食をする度に消化器官は活動をしています。結果的に頻繁に間食をするということは、消化器官を休ませることなく動かせることになり、それが免疫力を低下させるため、インフルエンザの治りを遅くするので間食をしないことで、免疫力が上がって治りが早まります。


食事を無理に取らない

インフルエンザを自力で治すには食事を無理やりとるのは良くない対処で、食欲がないのは消化エネルギーを使わず、免疫力を高めるためであり、実際に空腹状態になれば免疫力が上がるので、有効な治し方です。


食事を腹7分に控える

実は食事を取り過ぎると消化エネルギーを使われて、免疫力が下がるとされており、腹7分に食事を抑えると消化エネルギーが免疫力に変わり、インフルエンザを自力で治すのに有効な治し方となります。


以上がインフルエンザを薬以外で治す方法です。

Sponsored Link


コメントを残す

このページの先頭へ