インフルエンザの味覚障害の治し方は食事で亜鉛を摂取する?


インフルエンザを発症してから、食事を摂取してもなぜか味がせず、味覚障害のようになって驚く方もいると思います。


bf3200893c254a9febbcdb4bd1637098_s



実際にインフルエンザで味覚障害になる事があり、今回は治し方を紹介します。


インフルエンザの味覚障害は、食事に亜鉛を取り入れる事が代表的な治し方ですが、亜鉛以外にも食事には注意しないといけない事があります。

インフルエンザの味覚障害とは


食事を食べても味がせず、インフルエンザの味覚障害になる原因は、主に3つあるのが現状で、まず鼻水や鼻の奥の炎症による嗅覚機能の低下が原因です。


嗅覚が鈍れば食べ物の味が分からなくなるのは当然です。


味覚の7割は嗅覚によって決まっているので、嗅覚がやられると味覚障害になる事はよくある事で、インフルエンザの鼻水や鼻詰まりが続くと味覚障害に繋がります。


またインフルエンザの高熱による細胞の損傷も原因の一つです。


人間の体はたんぱく質で出来ており、高熱が続くと体の細胞が壊れると分かっており、インフルエンザの高熱で、舌で味を感じる「味蕾」が壊されるからです。


また嗅覚を感じる鼻の細胞も高熱で壊されるので、味覚障害に繋がります。


インフルエンザの高熱は、味覚障害の原因である3つの要因の中で最も多いケースであり、細胞が壊れる事で、正常に動けず味覚障害に繋がります。


人によっては、味を感じなくなるのではなく、いつもと違う味を感じるようになる人もいて、インフルエンザの高熱が原因なら早くて数日で完治します。


しかし、症状が軽い訳でないなら、完治に2ヶ月掛かるとされています。


3つ目の原因はインフルエンザの薬であるタミフルやリンゲルであり、実際にこれらの薬で味覚障害の副作用が現れたという報告があります。


味覚障害の副作用が現れるのは稀であり、基本的に5%以下と考えられていて、インフルエンザの薬による味覚障害が原因なら、すぐに治るようです。

スポンサードリンク


味覚障害の治し方は亜鉛を摂取する?


インフルエンザによる味覚障害に早く効く治し方は、耳鼻科で亜鉛を含んだ薬を処方されると早く治るのでおすすめします。


亜鉛は味を感じる味蕾が死滅している状態なら、新しく細胞を作り直す働きがあり、インフルエンザの味覚障害に有効な治し方とされています。


今からインフルエンザの味覚障害に効く治し方や食事を紹介するので、参考にしてください。


味覚障害に有効な治し方


亜鉛を摂取する

サプリメントなどでも良いのですが、亜鉛を食事などで摂取するとインフルエンザの味覚障害に有効な治し方となり、男性は1日12mg、女性は1日10mgを目安に摂取すると良いです。


亜鉛を含んでいる食事


豚肉・卵・牛肉・納豆・牡蛎・するめ・たらこ・煮干し
プロセスチーズ・パルメザンチーズ・わかめ・アーモンド
カシューナッツ・胡麻などの食事が亜鉛を含んでいます。



クエン酸を摂取する

インフルエンザの味覚障害に効くのは亜鉛を取る事であり、クエン酸は
亜鉛の吸収率を上げる働きがあり、クエン酸を含む食事はレモン・キウイ・グレープフルーツ・苺・梅干し・お酢・パイナップルなどの食事が含んでおります。



ビタミンCを摂取する

インフルエンザの味覚障害は、亜鉛を食事に取り入れて摂取する治し方が有効ですが、亜鉛は吸収されないと意味がないので、亜鉛の吸収率を上げるビタミンCと一緒に摂取するのが有効で、主にじゃがいも・ピーマン・かぼちゃ・小松菜・ゴーヤ・キャベツ・ブロッコリー・キウイ・レモン・苺などが含んでいます。



睡眠をしっかり取る

人間は睡眠の際に成長ホルモンが分泌されて、インフルエンザの高熱で細胞がやられて味覚障害になっても、成長ホルモンが修復して再生する働きがあり、主に夜の10~2時に分泌されていて、睡眠は7時間以上取るのがおすすめの治し方です。



睡眠の質を高める

寝る際に睡眠の質が低ければ味覚障害の回復が遅くなるので、音や光がない所でなるのが良く、カーテンと窓をする事で、インフルエンザの治りが早くなり、寝る前の3時間前に食事を取らないようにしましょう。



お酒を控える

アルコールを含むお酒を飲むとインフルエンザの味覚障害を治すために必要な
亜鉛を消費するので、味覚障害の治し方としては味覚障害が治るまではお酒を控えた方が良いです。



タバコを控える

人によっては難しいと思いますが、タバコを吸うと体内に活性酸素(老化促進物質)が分泌され、その時に活性酸素を追い出すために亜鉛が過剰に消費されるので、インフルエンザの味覚障害を治すためにタバコを控える治し方をしましょう。



ファーストフードを控える

コンビニ弁当やハンバーガーなどのファーストフードには、食品添加物は非常に大きく入っており、亜鉛を消費する食事なので、インフルエンザの味覚障害を解消するために控えましょう。



ストレスを解消する

人間はストレスを感じると亜鉛を消費すると分かっており、インフルエンザの味覚障害に有効な治し方はストレスを解消する事でもあり、何か好きな事に取り組んだり、リラックスする時間を取ると良いでしょう。


以上がインフルエンザの味覚障害の治し方です。


最後にあなたはインフルエンザを早く治したいと思っていますか?


それなら下記にその記事を紹介しているので、困っている人は是非とも見てください。


インフルエンザの治し方


以上でインフルエンザの味覚障害を終わります。

Sponsored Link


コメントを残す

このページの先頭へ