インフルエンザの症状と2016年の子供!吐き気の対処法


インフルエンザは2016年も間違いなく蔓延すると分かっており、特に受験勉強中の子供には非常に辛い症状で、吐き気を伴う事もあります。


9ef49b64486b61062375e49869f94649_s


今回は流行状況と体調不良の変化をお伝えします。

まずは2016年のインフルエンザ症状について説明して、次に子供の危険性と吐き気の特徴を紹介したいと思います。

インフルエンザと2016年の変化


2016年も毎年のインフルエンザと症状に変わりはなく、いつも通りの感染力で子供にはしっかりと対策を取らせるべきでしょう。

基本的に2016年は10~4月がインフルエンザの流行時期となります。

10月から現れて、次第に増えていくのですが、12月が最もインフルエンザが蔓延する時期であり、ピークは12~3月と言われています。

1月からはインフルエンザの勢力が徐々に衰えますが、2016年も注意しましょう。

子供も大人も2016年の予防接種は11月の始まりか、11月15日までに受けると予防効果が高くおすすめで、インフルエンザの症状が出ている人は避けましょう。

特に吐き気で嘔吐した汚物に触れるような事をやめましょう。

インフルエンザの症状では高熱・悪寒・筋肉痛・咳・鼻水・吐き気・気分の悪さなどが現れ、風邪とよく似ていますが、注意しましょう。

スポンサードリンク


子供と2016年の対策


当然の事ながら2016年も子供にインフルエンザが感染する恐れがあり、やはり学校や受験など子供も忙しいので、感染はしたくないでしょう。

子供のインフルエンザ症状でも高熱が代表的で、38~40度の熱となります。

その熱の影響で子供は筋肉痛や悪寒を伴う事があり、勉強どころではない状態になり、元も大人に比べて、体温が高いため温度が高く出やすいです。

感染しないためには子供の生活習慣を変えるべきです。

インフルエンザ対策には様々な方法があり、まずヨーグルトを食べさせるという方法が有効で、ヨーグルトは「ラクトフェリン」という成分を含んでいます。

この成分は抗ウイルス作用を持ち、免疫を高めるため、菌から体を守ります。

ヨーグルトは子供が好きな食べ物なので有効な方法で、食べ始めて2週間後に効果が出るので、2016年の10月15日から食べ始めると子供を守る事が出来ます。

またインフルエンザは喉に引っ付いて感染するので、うがいをやらせるように指示しましょう。

子供が学校や保育園にいる場合は、なるべく早めに帰らせて人混みを避けるように言うべきであり、人混みでインフルエンザに感染する子供も多いです。

家に帰ったら石鹸で手洗いをさせましょう。

スポンサードリンク



吐き気の症状と特徴


インフルエンザはa型・b型・c型と3種類に分かれますが、どの種類でも潜伏期間である1~2日が経過すると症状が現れます。

吐き気は初期症状として現れやすく、2016年も当然現れます。

a型やb型のどちらでも吐き気は現れる事になり、インフルエンザでこの症状が現れている時は、食事を控えないと食べても吐き出す恐れがあります。

また吐き気で実際に嘔吐した場合は、脱水症状の危険性が出てきます。

やはり体内の水分が奪われるため、水を摂取する事が大事なのですが、インフルエンザの吐き気が無くなった時に水を飲まないと吐き出す事があります。

そのため、吐き気がなくなって水を飲むように意識します。

インフルエンザの症状で吐き気を伴った後に吐いた嘔吐物を処理をする際はマスクと手袋を必ずします。

そして、終わった後は手を2回洗うと良いでしょう。

手洗いは指の間・親指の周り・手の平のシワ・爪が忘れがちなので、しっかりと行う事で、吐き気の対処となります。

インフルエンザの吐き気に効く治し方

以上で2016年のインフルエンザ症状の子供と吐き気について終わります。

Sponsored Link


コメントを残す

このページの先頭へ