インフルエンザの予防接種で副作用?腫れで痛みやかゆみ?


インフルエンザを発症しないために予防接種を受けたけど、急に腕に腫れが出来て、痛みやかゆみを伴うという方がいるのではないでしょうか?


9fc907d9353c5d535bd177880d3530e9_s



それは副作用による腫れであり、痛みやかゆみを伴っています。


今回はインフルエンザの予防接種による副作用で、腫れ・痛み・痒みを伴う方がいつ治り、どういう対処法を取れば良いかお伝えします。

インフルエンザの予防接種と副作用とは



不活性化ワクチンを打って体内に入れるので、そのワクチンを異物と感じて、予防接種で以下の副作用が現れます。


予防接種の副作用


・注射部分が腫れる
・腕に痛みやかゆみを伴う
・腕に熱を持ち赤くなる


10~20%の確率でこれらの副作用を伴います。


・頭痛
・体のだるさ
・めまい
・発熱
・嘔吐
・下痢
・寒気


以上は5~10%の確率で副作用として現れます。


基本的にインフルエンザの予防接種で現れたら副作用で、発症から2~3日で治る事がほとんどなのです。


場合によっては4~5日で治る事もあり、一週間改善に必要な事もあります。

スポンサードリンク


腫れの痛みやかゆみとは


インフルエンザの予防接種を打った所に副作用で腫れが出来て、痛みやかゆみを10~20%の確率で受ける事があります。


実際に22歳の女性がインフルエンザの予防接種を受けた事があります。


しかし、受けた直後から、患部周辺にかゆみが現れるようになり、30分もしない内
直径8㎝の円形に腫れが出来て、痛み(鈍痛)をの副作用を伴ったようです。


またインフルエンザの予防接種で、腕全体に痛みが広がる事もあり、肩やひじにまで広がる事もあります。


実際にインフルエンザの予防接種を受けて、15㎝まで腫れが引いて、3日経過した時は腫れに触れると痛みがあるようになったそうです。


この場合は4~7日間で治る事が考えられ、18㎝まで腫れが広がった人もいます。


予防接種を受けて24時間以内~翌日に掛けて、副作用は現れがちですが、数日経過して、副作用が現れる人もいて、個人差があり、痛みからかゆみに変わる事もあります。


また実際にインフルエンザの予防接種を受けた人で、腕がパンパンにって、腕が曲がりづらくなるまで腫れた人がいて、2~3日はかゆみで寝れなかったひともいます。


他にも腕の内側まで腫れた人も実際にいて、痛みで字を書くのが困難な人もいます。


ちなみにインフルエンザの予防接種を受けて、患部が痒いから掻いたら、腫れが赤く大きくなって、痛みとかゆみが増すので注意しましょう。


大人の方でもかゆみを我慢できない人が多く、もし我慢しても寝ている際に無意識に腫れた部分を掻く事もあるので、副作用に注意しましょう。


また極稀ですが、インフルエンザの予防接種で、アナフィラキシーの副作用が出る事もあり、蕁麻疹で腕に発疹が出来て、その部分が赤くなり、腫れる事もあります。


インフルエンザの予防接種で卵アレルギーを起こす人もいるので、卵アレルギー持ちの人は危険であり、これが原因で腫れやかゆみを伴う事があります。

スポンサードリンク



副作用のかゆみと痛みの対処方法


インフルエンザの予防接種を受けると腫れの副作用が出来て、かゆみと痛みが現れる事がありますが、有効な対処方法があります。


予防接種の副作用でかゆみがある時は、我慢するのが難しいので、取りあえず爪を切るようにして、掻いた時のダメージを軽減させるのが一番良いです。


最後にあなたはインフルエンザの予防法を知りたくないですか?


下記にインフルエンザを予防する食べ物と飲み物を載せた記事を紹介しているので、興味がある人は是非見てください。


インフルエンザの予防になる食べ物と飲み物



以上で腫れと痛みの副作用について終わります。

Sponsored Link


コメントを残す

このページの先頭へ