インフルエンザの予防接種の副作用はしびれやめまい?


インフルエンザの予防接種を受けると体が急にしびれを感じたり、突然のめまいに見舞われて、フラフラする事があります。


5d1f4af9d0ea1c5daf3fe874d143cf7d_s



しびれやめまいは副作用の一つであり、今回は詳細をお伝えします。


インフルエンザの予防接種でしびれやめまいの副作用に見舞われた時の特徴を説明して、最後にインフルエンザの予防になる食べ物と飲み物を紹介します。

インフルエンザの予防接種で現れる副作用とは


インフルエンザの予防接種で副作用が現れる事もあり、以下の症状が出ます。


予防接種の副作用


・患部の痛み
・患部の腫れ
・患部の痒み
・悪寒
・発熱
・嘔吐
・頭痛
・下痢
・しびれ
・めまい


以上が予防接種の副作用です。


インフルエンザの予防接種を受けると患部の痛み・腫れ・痒みが10~20%の確率で現れる事があり、2~3日でほとんどは治り、遅くても7日以内に改善されます。


また悪寒・発熱・嘔吐・頭痛・下痢・しびれ・めまいなどの副作用は5~10%の確率で現れます。


しかし、しびれやめまいなども基本は2~3日で治り、遅くても4~7日で改善されます。


基本的にインフルエンザの予防接種を受けて、24時間以内に副作用は現れる事が多く、翌日~数日後に出る人もいるので、注意しましょう。

スポンサードリンク


予防接種によるめまいの副作用とは


インフルエンザの予防接種を実際に受けて、めまいの副作用が出た人がいて、その人は注射を受けて5分後に下を向いた瞬間、突然クラクラして、目が回ったようです。


しかし、この場合は副作用のめまい以外も考えられます。


例えば血管瞑想神経反射と呼ばれるもので、採血や注射の痛みや緊張で一時的に意識喪失や血圧低下に繋がり、注射や採血から30分以内に現れる可能性があります。


これが原因でめまいに繋がる事もあるので、30分以内は副作用ではない事もあります。


実際にインフルエンザの予防接種を受けて、少し歩いた人がいますが、フラフラして歩く事も困難で吐き気がして、立つ事が出来ないほどめまいが酷かったようです。


インフルエンザの予防接種が原因で、めまいの副作用が出る人は即日~翌日に多いです。


実際に予防接種を受けた人は、翌日に気分が悪くなり・吐き気や頭痛がして、立ち上がった瞬間にめまいの副作用が出て、そのまま倒れて5分意識を失った人もいます。


他にも実際にインフルエンザの予防接種を受けた人の事例があります。


当日は体調に問題なかったのに翌日の朝になるとめまいと吐き気が現れ、半日寝込むほどの人もいて、午後にようやく改善されたようです。


予防接種の副作用ではめまいと吐き気を同時に伴う人が多い傾向にあります。


またインフルエンザの予防接種で、めまいの副作用が実際に出た人は、人の話を聞く際に倒れてしまうほど酷い人もいます。


予防接種のめまいの特徴は周囲がフラフラとして見える事で、意識が飛ぶ事もあります。

スポンサードリンク



予防接種の副作用としびれ


インフルエンザの予防接種を受けると実際にしびれの副作用が現れ、実際に予防接種を受けてから、1日経過した腕が痛く腕にしびれを感じると言っていました。


他にもインフルエンザの予防接種を実際に受けて、2日目に左腕の親指がしびれた人もいます。


基本的にしびれの副作用は、予防接種を受けた腕の方に現れがちです。


またしびれと伴に腕の痛みや腫れの副作用に見舞われる事があり、治るには2~7日間は掛かるので、安静に過ごしましょう。


珍しい人では足先にもしびれの副作用が現れる人がいます。


インフルエンザの予防接種を受けた3日経過した時に中指・薬指・小指がしびれた人もいて、正座した時は足先がしびれる感じになった人もいます。


またインフルエンザの予防接種でしびれの副作用が出た人は指や腕に力が入らず、
握力が落ちる人もいます。


しかし、足にしびれが出た場合は、ギランバレー症候群の可能性があります。


インフルエンザの予防接種でギランバレー症候群が出る副作用は、一部の調査によると100万件に対して1~2件の割合で発症リスクがあるという例があります。


しかし、平成23年度で5000万の予防接種を行っても、1人もギランバレー症候群が出なかったので、副作用として出る割合は現代では低いと考えられます。


もしもギランバレー症候群になったら、それはインフルエンザの予防接種を受けてから1~3週間後に症状が現れます。


ギランバレー症候群を副作用で現れるとしびれも変わってきます。


手足のしびれ(両手両足)・手足に力が入らない(感覚麻痺)・呼吸困難・顔面麻痺などが当てはまり、歩く事が出来ないなど運動麻痺になったら神経内科に診察しましょう。


インフルエンザの予防接種による副作用で、ギランバレーを伴いしびれが出たら特徴があります。


基本的には足先~太ももなど下半身からしびれが始まり、次第に上半身にも麻痺が生じるようになり、最初は力が入らない程度が、手足を動かせないしびれに変わります。


じっとしていてもしびれを感じる事もあり、靴下や手袋の感覚も無くなり、しびれは全身に広がる事もあります。


またギランバレー症候群が副作用で出ると患者の半数は、顔面麻痺が現れ、口を動かす・目を大きく開けるなどがしびれで出来なくなるので、分かりやすいです。


最後にあなたはインフルエンザを予防したいですか?


それなら下記にインフルエンザの予防に有効な食べ物と飲み物を紹介しているので、興味がある人は見てください。


インフルエンザの予防に有効な食べ物と飲み物


以上でしびれとめまいについて終わります。

Sponsored Link


コメントを残す

このページの先頭へ