インフルエンザの予防接種の副作用で大人は倦怠感でだるい?


インフルエンザの予防接種を受けた大人の方で、急に倦怠感で体がだるいと感じる人がどうやらそこそこいるようです。


f434cd7d4c7d05748053606806d57893_s



これは副作用による倦怠感で、体がだるいと感じている事が考えられます。


今回はインフルエンザの予防接種を受けた大人の方に現れる副作用を説明して、最後に予防に有効な食べ物と飲み物を紹介します。

インフルエンザの予防接種と副作用とは


大人の方がインフルエンザの予防接種を受けると60%の確率で発症を抑えて、2回目で90%まで発症を抑えることが可能とされています。


またインフルエンザを発症した大人の方でも軽症で済むケースが多くなります。


しかし、予防接種には倦怠感で体がだるいなどの副作用があり、下記の症状が現れると考えられます。


予防接種の副作用


・患部の痛み
・患部の腫れ
・患部の痒み
・発熱
・寒気
・頭痛
・めまい
・しびれ
・倦怠感
・だるい

以上がインフルエンザの予防接種で現れる副作用です。


まず幹部の痛み・腫れ・痒みは10~20%の確率で現れるものであり、発熱・寒気・頭痛・めまい・しびれ・倦怠感・だるいの副作用は5~10%の確率で現れます。


基本的にインフルエンザの予防接種を受けて、24時間以内に副作用は現れやすいです。


しかし、翌日~数日後に副作用は現れるケースもあるので、24時間以内に出なかったからとって油断しないようにしましょう。


インフルエンザの予防接種が原因で、倦怠感の副作用が出て体がだるいと感じるケースはあります。


予防接種の影響で風邪を引いて、倦怠感を伴うケースもあります。


インフルエンザの予防接種を受けると1~2週間は、動物実験で免疫力が70%で落ちると判明しており、体内に潜伏していたウイルスは本来免疫で抑えられています。


しかし、免疫力が落ちると活性化して、増殖するため発症しやすくなります。


主に風邪・ノロウイルス・ロタウイルス・インフルエンザなどが発症するでしょう。


これらのウイルスが活性化するとインターフェロンやTGF-βなどの成分を分泌し、対抗しますが、疲労物質も生み出されるので、倦怠感で体がだるい原因になります。


つまりインフルエンザの予防接種で、免疫力が落ちて風邪などを発症しやすくなり、疲労物質が生まれて、体がだるいと倦怠感を感じている可能性があります。


特にストレス・冷え・疲労・睡眠不足・不規則な生活など免疫力を下げる習慣は、風邪を発症しやすくなるので注意しましょう。


免疫力が低い子供の方が大人よりも風邪を発症しやすいので、風邪の倦怠感に注意です。

スポンサードリンク


倦怠感で体がだるいと感じる大人


インフルエンザの予防接種を実際に受けた大人の方で、倦怠感の副作用を伴い、体がだるいと感じた人はいます。


30代の大人の男性で、予防接種を受けて、2日経過したら、腕がだるいと感じるようになり、腕に倦怠感があったようです。


腕の倦怠感を伴う人は多く、注射を受けた側の腕に現れやすく、基本的に2~3日で治り、遅くても7日間で治ります。


基本的に倦怠感で体がだるいと感じても2~3日で治り、遅くても4~7日で治ります。


またインフルエンザの予防接種を受けた大人の方は他にもいて、予防接種を受けて倦怠感で体がだるい・頭重感・体熱感・鼻水などを伴った大人の方もいます。


他にも大人の女性の方が昼に予防接種を受けました。


すると夕方から体がフラフラとして、倦怠感の副作用が現れて体がだるい感じとなったらしく、夜になると発熱して大変だったそうです。


この事からインフルエンザの予防接種を投与して数時間で、副作用の倦怠感が出る事もあると分かります。


また実際に予防接種を受けた人は、翌日の朝になって、体がだるいと倦怠感を訴える人もいます。


酷い人だとインフルエンザの予防接種の副作用が1時間過ぎで出た人もいます。


その大人の方は新型インフルエンザの予防接種を受けて、1時間が経過したころから倦怠感で体がだるい・筋肉痛・寒気・微熱があったようです。


そのため、大人の方はなるべく安静に過ごすようにしましょう。


最後にあなたはインフルエンザを予防したいですか?


それなら下記にインフルエンザの予防に有効な食べ物と飲み物を紹介しているので、興味がある人は見てください。


インフルエンザの予防に良い食べ物と飲み物


以上で倦怠感の副作用について終わります。

Sponsored Link


コメントを残す

このページの先頭へ