インフルエンザの頭痛の治し方と緩和の対処法は冷やすとツボ


インフルエンザの頭痛がガンガンと続く方は、早く治したいと思い、治し方を探していたと思うので、ここで治し方を紹介します。


0b4c70f5ca71b025ffd21d16f3a24197_s



また頭痛を緩和する対処法に有効な冷やす方法やツボをお伝えします。


今回はインフルエンザの頭痛の治し方で注意しないといけない点があるので、そこを踏まえて緩和する方法を試してもらい、ツボや冷やす対処法を行ってもらうと良いです.

インフルエンザの頭痛とは


まずインフルエンザの頭痛が現れるのは、高熱が関係しており、人間は体を高温にする事によって、ウイルスの増殖を抑えます。


また免疫細胞の白血球を増やすようになり、インフルエンザの頭痛を治すのに有効な治し方となるのです。


しかし、高熱を出す際にプロスタグランジンと呼ばれる物質が分泌されます。


この成分はインフルエンザの頭痛の原因でもあり、プロスタグランジンは痛みを増強させる作用があるので、僅かな刺激が痛みとなり、炎症を引き起こします。


そのため頭痛の原因となり、他にも高熱が原因でもあります。


高熱が出るのは免疫細胞の白血球を増やすために血管が膨張して、血流の流れを良くしようとするのですが、その際に周囲にある神経を圧迫します。


それがインフルエンザの頭痛の原因になるので、注意が必要です。


基本的にインフルエンザの頭痛は、初期症状として現れやすく、高熱が治ったら、治る事が多いですが、基本的に4~5日治るのに必要です。


インフルエンザの頭痛が長引く人だと10日は続く人もいます。

スポンサードリンク


頭痛の治し方


インフルエンザの頭痛がする時には、治し方を知りたいと思う人がいると思うので、今から紹介したいと思います。


インフルエンザの頭痛に効く治し方


・自然に緩和するのを待つ

頭痛が続く時の治し方は自然に緩和するのを待つ治し方が良く、インフルエンザの頭痛を治すには高熱を改善する事が大切で、基本的に睡眠が4時間以内なら免疫力が下がるので、毎日7時間寝ると免疫力が高まり、インフルエンザに抵抗する力が強くなり、頭痛を早く治す治し方となります。


・水分補給を充分に行う

インフルエンザは高熱の症状を伴い、頭痛が現れますが、高熱で汗を掻きやすくなり、水分不足になりがちであり、水分不足になると脳に酸素を送るために血管が膨張して、頭痛が悪化するので、治し方としては1時間1回は水を飲んで、1日大人は2.5ℓの水を飲むと治し方に繋がります。



以上が頭痛の治し方です。


インフルエンザの頭痛を早く治すために風邪薬を服用する人がいるかもしれませんが、風邪薬は発熱などの免疫力を上げる症状を抑えて逆に治りを遅くします。


もしそれでも風邪薬を服用するなら、家にある置き薬を服用する治し方はお勧めできず、風邪薬は同じように見えますが、咳や頭痛など治すものが違います。


家にある風邪薬が何を治すのか、分からないのに服用しても損をするばかりです。


基本的に安静にして、何もしない治し方が頭痛に一番良いと思います。

スポンサードリンク



頭痛の緩和する方法とは


インフルエンザで現れた症状を緩和する方法は沢山あり、冷やす事やツボなどの対処法が役立つので紹介します。


頭痛を緩和する方法と対処法


・音や光がない所で寝る

インフルエンザの症状で頭痛が続く際は、音や光がない所で寝るのが良く、音や光は頭痛の痛みを増強する刺激になり、緩和する方法としてカーテンを閉めて、窓を閉じる対処法が有効で、睡眠の質も高まり、免疫力が上がるので頭痛の治し方にも有効です。


・お酒を飲まない

インフルエンザの症状で頭痛がする時にお酒を飲むとアルコールを摂取してしまい、血管が拡張してさらに頭痛の痛みが悪化するので、緩和する対処法としてはしばらく飲まないようにするのがベストです。



・緊張をほぐす

体の筋肉が緊張すると老廃物などが溜まりやすくなり、頭痛が悪化する原因となるので、インフルエンザの頭痛を緩和する対処法として、アロマテラピーなどをして緊張状態をほぐすと痛みを緩和する事が可能で、玉ねぎの匂いも緊張をほぐす作用があるので、夜寝れない時は枕元にスライスした玉ねぎを置いて寝る対処法を取ると有効です。



・風門を温める

インフルエンザなど風邪のウイルスが侵入するとされるツボが風門(ふうもん)であり、首を前に倒して現れる背骨から、指二つ下に降りて、背骨の両脇に風門があり、頭痛を緩和するのに有効なツボであり、刺激が難しいので、マフラーやカイロを貼ったりすると効果を発揮して、インフルエンザの予防や治療にもなり、頭痛を治すのにも有効なので、おすすめの対処法です。



・合谷のツボを押す

インフルエンザで頭痛がある時は、人差し指と親指の付け根の中間にある窪んだ部分のツボである合谷(ごうこく)を押すと頭痛を緩和する対処法となり、このツボを刺激するとモルヒネ様物質という痛みを緩和する物質が出て、有効な対処法となります。








・風府のツボを押す

インフルエンザなど風邪のウイルス類が集まるのが、風府(ふうふ)であり、ここを刺激するとインフルエンザなどの菌を追い出して、緊張状態を解して、頭痛を和らげる対処法となり、特に後頭部の頭痛に有効であり、風府は後頭部の二つある太い筋肉の間に挟まれた髪の生え際よりも斜め少し上にあるツボで、両手の中指で5秒押すのを繰り返します。







・百会のツボを押す

百会(ひゃくえ)のツボは刺激すると免疫力が高まり、インフルエンザの頭痛が早く治るだけでなく、前頭部の頭痛を和らげる対処法にもなり、探し方は片手を眉間に付けて、もう片方の指を片耳の後ろに付けて、そこから二つの指を同時にあげていき、二つの指が当たった部分の近くにある窪みが百会のツボなので、軽く指の腹で5秒間押す・指を離して2秒空けるを数回繰り返します。







以上で、頭痛を和らげる対処法を終わります。

Sponsored Link


コメントを残す

このページの先頭へ