インフルエンザの頭痛の咳と下痢?b型が原因なのか


インフルエンザを発症すると症状によって、頭痛が続きますが、それと同時に咳と下痢が現れる方もいるでしょう。


3a5b7ed340dccb449d484c0a25ec3e80_s



今回は頭痛などの症状について説明したいと思います。


またインフルエンザの咳と下痢がどのようなものか説明して、最後に
インフルエンザの治し方をお伝えしたいと思います。

インフルエンザの頭痛とは


基本的にインフルエンザの症状で頭痛が現れるのは、プロスタグランジンと呼ばれる痛みを増強させる成分が分泌されるのが原因で、僅かな動きが刺激となり痛みます。


プロスタグランジンは、高熱を出す際に分泌されます。


高熱はやはりインフルエンザの増殖を抑える事や免疫力の向上など様々な事で役に立つので、治す際に必要となります。


またインフルエンザの症状で高熱を出すと血管が膨張して、周辺にある神経が圧迫されてそれが頭痛の原因になっています。


インフルエンザの症状である頭痛は、基本的に4~10日くらいで治ります。


実際に8日くらいでやっと治った人などが普通にいて、インフルエンザの高熱が治れば頭痛も良くなる事も多いですが、それで治る人と治らない人に別れます。


またインフルエンザの初期症状として頭痛は現れる傾向にあります。


ちなみにタミフルなどのインフルエンザの薬が原因の事もあり、頭痛の副作用が出る事があるので、使用後に頭痛が出たなら可能性が高いです。


スポンサードリンク


頭痛と咳の症状とは


基本的にインフルエンザの咳の症状は、体内にウイルスが侵入したためそれを追い出すために出ているので、咳が出ている時点ではまだ完治していません。


インフルエンザの咳は初期に起きる症状ではなく、発症して少し時期が経過してからです。


特にインフルエンザの咳は治るのに時間が掛かり、長い人だと2~3週間止まらない人もいて、2週間以上改善されない場合は病気も考えられます。


インフルエンザa型は特に咳が長引くので、注意しましょう。


しかし、インフルエンザb型も同時に厄介であり、実はb型を発症すると初期症状として、最初から咳の症状を伴うと分かっています。


a型インフルエンザの場合は、初期症状に咳が出る事はありませんので、初期からこの症状が現れている場合は、原因としてb型が考えられます。


ちなみに2週間以上咳と頭痛が治らないであれば、副鼻腔炎・花粉症・咳喘息・肺炎などが考えられます。

スポンサードリンク



頭痛と下痢の原因とは


インフルエンザの下痢の症状は、インフルエンザb型に現れやすく、消化器系の症状である腹痛・嘔吐・下痢などを伴う傾向にあります。


また初期症状にb型は下痢が現れる傾向にあります。


逆にインフルエンザa型は下痢や頭痛などの初期症状が現れる事がなく、ある程度、時間が立って現れると分かっています。


また下痢などは現れにくいため、原因はインフルエンザb型が考えられます。


ちなみにそれでも原因がハッキリとしない場合、インフルエンザa型による下痢の場合は短期間で早く治りますが、激しいという特徴があります。


通常、下痢の症状は一週間で治る事が多く、胃腸が熱で弱っているので、熱が改善されると良くなる傾向にあります。


インフルエンザの下痢は午前中だけで2~5回排出した人もいて、1日に10回以上の人もいます。


下痢で脱水症状になる危険性があるので、水分補給は頻繁に行いましょう。


また下痢止め薬を服用するとウイルスを排出出来ないので、治りが遅くなるので、止めるのはあまりおすすめしません。


最後にあなたはインフルエンザの頭痛を早く治したいですか?


それなら下記にインフルエンザの頭痛を早く治す方法を紹介しているので、気が向いたら見てください。


インフルエンザの頭痛に有効な治し方


以上で下痢や咳について終わります。

Sponsored Link


コメントを残す

このページの先頭へ