インフルエンザの頭痛と腰痛や筋肉痛の原因と危険性


インフルエンザを発症すると頭痛を伴う事があり、それだけでも辛いのに腰痛や筋肉痛で至る所が痛む人もいるでしょう。


64a160b2b13714701ec934966da592c4_s



今回はそんな方々に頭痛だけでなく、腰痛や筋肉痛の原因を紹介します。


またインフルエンザの症状である頭痛を治す方法を最後に紹介するので、困っている人は是非とも参考にしてください。

インフルエンザの頭痛とは


頭痛がガンガンと続くのは、インフルエンザの高熱が出る際に現れるプロスタグランジンなどの成分が関係しております。


この成分は痛みを増強する作用があり、僅かな刺激が痛みに変わるので、頭痛・関節痛・腰痛に繋がります。


高熱が出る際にプロスタグランジンは現れるのですが、これは仕方ありません。


やはり高熱はインフルエンザの増殖を防ぐ事や免疫力向上に必要な事であり、インフルエンザを治すのに必要な事です。


また高熱が原因で頭痛に繋がっているのも明白です。


インフルエンザで高熱になると血流を良くするために血管が膨張して、周囲にある神経を圧迫するようになり、それが刺激となり頭痛に繋がるのです。


そのため熱が酷ければ痛みも悪化しやすく、高熱が治れば頭痛も治る傾向にあります。


インフルエンザの症状で頭痛が現れた場合は、4~10日ほどで治る傾向にあり、結構長引くので、そのように認識しておきましょう。


熱が治っても体内にインフルエンザのウイルスがあれば頭痛は続きます。


インフルエンザの薬の副作用で頭痛が出る事もあるので、使用後に出たなら疑ってみると良いです。

スポンサードリンク


腰痛や筋肉痛の原因とは


インフルエンザで頭痛以外に腰痛や筋肉痛が現れる事があり、腰痛や筋肉痛はインフルエンザの初期症状に現れる症状でもあります。


基本的な原因は頭痛と同様にプロスタグランジンが原因です。


やはり痛みを増強する作用が腰痛や筋肉痛の原因になっており、これらの症状は高熱が治ると自然に良くなっていく傾向にあり、3~7日で改善されていきます。


また筋肉痛や腰痛は熱が高熱であればあるほど痛みが増します。


ちなみにインフルエンザの症状で、筋肉痛がある際は関節・首・背中・足・腕・背中など様々な所に出るので、個人差があります。


インフルエンザで腰痛で体を痛める人は、体を動かす時にギシギシ痛む事が多く、それだけでなく体をじっとしている寝る時なども腰痛は痛むようです。


やはり腰には血管が沢山あるので痛みやすく、インフルエンザの腰痛が原因で寝れない人は多く、立っている時は痛みはまだ大丈夫という人がいます。


しかし、座る時は腰痛が痛く、寝る時はもっと痛みが酷い事から、横になって寝る事が出来ず、寝不足になる方がいる程です。


最悪なのは体を動かさない事で、腰痛や筋肉痛が悪化する事です。


やはり体を動かさないと筋肉が緊張して、痛みが酷くなる傾向にあり、筋肉痛や頭痛で体がだるく常に体が仰向けだと常に体の体重が、腰だけに負担が掛かります。


この状態が続くと腰痛の原因になり、インフルエンザの腰痛が酷くなります。


最悪、腰の筋肉が衰えて、腰椎を支えられなくなるとぎっくり腰になるので、なるべく体を横にしたりして、たまには体を動かす事にしましょう。


最後にあなたはインフルエンザの頭痛を早く治したいですか?


それなら下記にある記事が頭痛を治す方法に役立つので、困っている人は是非とも参考にしてください。


インフルエンザの頭痛に効く治し方


以上でインフルエンザの症状による腰痛や筋肉痛について終わります。

Sponsored Link


コメントを残す

このページの先頭へ