インフルエンザの頭痛と耳鳴りや目の奥の痛みが出る?  


インフルエンザの症状には頭痛が現れる事がありますが、耳鳴りや目の奥の痛みをそれと同時に伴う事があります。


4c27dbc156f9bfa0d3e25b47093bc705_s



なぜこのようになるのか耳鳴りや目の奥の痛みについて疑念を抱いているでしょう。


今回はインフルエンザの症状で現れる頭痛について説明して、最後にインフルエンザの頭痛を治す方法を紹介するので困っている人は参考にしてください。

インフルエンザの頭痛とは


基本的にインフルエンザで頭痛が現れるのは、高熱を出す時に必要となるプロスタグランジンという成分が原因であり、痛みを増強させる作用があります。


そのため、僅かな動き出来る刺激が頭痛の症状を引き起こしています。


またインフルエンザの症状で高熱が出る際には、血管が膨張して周囲にある神経を圧迫して刺激していくので、頭痛に繋がるのです。


しかし、インフルエンザの高熱は必要なものです。


やはり体内にあるウイルスの増殖を防いで、体を熱くして免疫力を高める事から、インフルエンザを治すのに必要です。


またインフルエンザの頭痛が治らない際は、まだ体内にウイルスが残っているという事です。


インフルエンザの症状である頭痛が治るには、4~10日間の期間が必要となり、高熱が良くなってくると頭痛も改善される傾向にあります。


しかし、熱がなくても頭痛だけが長引くケースもあるので注意しましょう。


またタミフル・リレンザ・イナビルなどインフルエンザの薬による副作用で、頭痛を起こす事もあります。


使用してから頭痛が出れば、その可能性が高いです。

スポンサードリンク


頭痛で目の奥が痛い?


インフルエンザの頭痛だけの症状ではなく、目の奥が痛いと感じる事もあり、これは頭痛を感じる筋肉の部分から、目の奥が近いからでしょう。


実際にインフルエンザで、目の奥が痛いと感じる人は、頭痛をそのまま目に持っていったような痛みと表現しています。


そして、インフルエンザでこの症状が出た人は、動くと痛むようです。


実際にインフルエンザの頭痛で目の奥が痛いと感じる人は、眼球を動かすと痛みを訴える人が多く、横に視線をずらしたりすると痛むようです。


また頭痛と目の奥が痛い症状が出るのは、副鼻腔炎・花粉症・目の疲労が考えられ、副鼻腔炎の特徴から説明します。


副鼻腔炎はインフルエンザなどのウイルスが鼻の奥の部分である副鼻腔という部分に感染して、炎症を起こすと発症します。


主に膿のような鼻水が出て、インフルエンザとの違いがあります。


鼻水は緑色っぽくドロッとしていて、匂いがきつい特徴があり、膿が溜まって目の奥が痛いと感じる時もあり、頭痛などは時間が立つに連れて酷くなります。


インフルエンザの鼻水などと違いがあるので分かりやすいです。


1~3月に流行する花粉症とはインフルエンザの流行時期が被り、目の表面が痒くなったり、痛くなったりするので違いが分かりやすく、頭痛もします。


またインフルエンザよりも長引くので、分かりやすいです。


最後にスマホやパソコンのやり過ぎによる目の疲労も考えられ、目の奥が痛いと感じて、目から後頭部に向けるような痛みを感じます。

スポンサードリンク



頭痛と耳鳴りの原因とは


実際にインフルエンザの頭痛と共に耳鳴りが3日間続いた人もいて、鼻をかんだら急に耳鳴りの症状が現れたという人もいます。


逆に耳が詰っているように感じた人もいるので、今から原因を紹介します。


中耳炎

本来は子供がなりやすい中耳炎ですが、インフルエンザなどのウイルスが耳の奥に粘膜に感染すると発症して、耳鳴り・耳の奥の痛み・聞こえの悪さなどが現れ、症状が悪化すると膿が溜まり、難聴の後遺症を残す恐れがあり、インフルエンザの頭痛と共に伴う事もあって、鼻水を噛む時に両サイドの鼻を一気に噛むと鼻水が鼓膜にまで行って、それが炎症を起こして、発症する事もあります。



三叉神経痛

人間の顔の知覚を脳に伝えるのが三又神経であり、インフルエンザなどで神経が炎症を起こすと発症する事になり、顔・耳の後ろ・後頭部などの部分に頭痛の症状が現れ、耳鳴り・めまい・肩こりなどの症状も現れます。


以上が耳鳴りの原因とも考えられます。


最後にあなたはインフルエンザの頭痛を早く治したいですか?


それなら下記にインフルエンザの頭痛に有効な方法を紹介しておくので、困っている人は見てください。


インフルエンザに有効な治し方


以上で頭痛について終わります。

Sponsored Link


コメントを残す

このページの先頭へ