インフルエンザの頭痛とタミフル?ストレスで痛み悪化?


インフルエンザを発症すると頭痛がする時もあり、タミフルを服用すれば良くなるのかなぁと考える人がいると思います。


2df1b4c059904e1211001b5d23c14f25_s



今回はタミフルを服用した時の効果をお伝えします。


またインフルエンザの頭痛はストレスで悪化するので、ストレスの対処法を紹介して、最後にインフルエンザの頭痛に効く治し方を紹介します。

インフルエンザの頭痛とは


基本的にインフルエンザを発症すると初期症状に現れる傾向にあるのが、頭痛の症状であり、インフルエンザの頭痛はプロスタグランジンが原因です。


この成分は高熱を出すために必要な成分です。


高熱の症状を出す事によって、ウイルスの増殖を防ぐ事や免疫力の向上に役立つため、インフルエンザのを治すのに必要です。


しかし、プロスタグランジンは痛みを増強する作用があります。


そのため、僅かな刺激がインフルエンザによる頭痛の原因となり、高熱が出た際は血管が膨張して、周辺にある神経を圧迫するので、痛みを伴います。


その痛みが頭痛でもあるので、インフルエンザは大きく関係しています。


インフルエンザの症状で現れた頭痛は、4~10日程、治ることはなく、高熱が良くなれば改善される傾向にありますが、頭痛だけ残る人もいます。


実際に8日経過してようやく治った方もいるので辛い症状です。

スポンサードリンク


インフルエンザの頭痛とタミフルの関係


タミフルはインフルエンザを発症してから、48時間以内であれば体内で増殖しているのを防いで、治りを1~2日早くしてくれる効果があるとされています。


また頭痛や熱などの症状を軽くしてくれる効果があります。


しかし、インフルエンザの薬であるタミフルを服用したら、副作用で頭痛を伴う事もあります。


他にも嘔吐・下痢・腹痛などの副作用は現れやすいので注意が必要で、タミフルを服用してもインフルエンザの頭痛が緩和されない人も多いです。


これは医師と相談して決める事が大切なので、インフルエンザの薬と服用する際には聞いておいた方が良いでしょう。


記事の最後に頭痛の治し方を紹介しているので、気になる人参考にしてください。

スポンサードリンク



ストレスでインフルエンザの頭痛が悪化?


インフルエンザの頭痛はプロスタグランジンの痛みを増強する作用で、現れていますが、ストレスを感じると血管が緊張状態になり収縮します。


そして、リラックスできる環境に行くと副交感神経が優位になり、血管が緩くなります。


ストレスによる緊張した血管が緩く戻る動きで、頭痛を伴う事があり、インフルエンザの頭痛はストレスを伴うといつもより酷い痛みを伴うでしょう。


これはプロスタグランジンで、痛みを増強されているので、頭痛がいつもより強くなるのです。


また人間はストレスを感じた時に免疫力が下がり、インフルエンザの治りが遅くなります。


そのため今から解消する方法を紹介したいと思います。


ストレスを解消する方法


・睡眠時間を7時間取る

睡眠を取るとストレスを解消する方法となり、基本的に7時間寝るのが理想的ですが、無理な人は部屋のカーテンを閉めて、部屋を暗くして寝る事で、音や光などが無くなり、睡眠の質が上がるので、ストレス解消に有効です。


・ビタミンCを取る

ストレスに対抗する事が出来るのが、ビタミンCという栄養で、インフルエンザを早く治す事にも有効なので頭痛を改善するのにも役立ち、ストレスを感じるとビタミンCは消費するので、含んでいるキャベツ・ピーマン・ブロッコリー・ゴーヤ・キウイ・苺・レモンなどが含んでいるので食べると良いです。



・ストレスになる事を紙に書き出す

最近、嫌だったことなどを紙に飽きるまで書くとストレス解消法になり、自分が嫌だったことをどうでも良くさせる効果がこの方法にはあり、ストレスになる要因を消すには紙に書き出して書き続けると良いです。



・周りの人と相談する

自分が嫌だと最近思った事を友人や親に相談すると気分がスッキリするので、ストレス解消法となる事から、話し相手がいる人にはおすすめです。



・自分の好きな事をする

本来ならランニングなどがストレス解消に役立ちますが、インフルエンザで頭痛がある人には良くないので、何か安静にした状態で出来る好きな事をしましょう。


以上がストレス解消法です。


最後にあなたはインフルエンザの頭痛を早く治したいですか?


それなら下記にインフルエンザの頭痛を良くする方法を記事に紹介しているので、興味がある人は見てください。


インフルエンザの頭痛に有効な治し方


以上でタミフルとストレスについて終わります。

Sponsored Link


コメントを残す

このページの先頭へ