インフルエンザで熱が出ない?頭痛と喉が痛い原因とは


インフルエンザには頭痛や喉が痛い症状が現れる事がありますが、熱が出ないの状態になる人もいて、この原因が何なのか分からないと思います。


7b42235ce5b8b41d3bbf2c0f36fc2af8_s



今回は喉が痛い症状について説明して、熱が出ないの特徴をお伝えします。


インフルエンザで頭痛があるのに熱が出ないの人には様々な原因があるので紹介して、インフルエンザの頭痛を治す方法を紹介します。

熱が出ない原因


インフルエンザの症状で熱が出ないのに喉が痛いとが続くという人は実際にいて、熱なしでも頭痛が現れる事もあるので、珍しい事ではありません。


しかし、熱なしになるのはインフルエンザを発症した人には多く、頭痛だけが続くのは以下の原因があります。

熱が出ないで頭痛や


インフルエンザb型を発症した

2~3月に流行するインフルエンザb型は、37~38度の熱しか出ない事が多く、11~1月に流行するインフルエンザa型は熱が38~40度が平均なので、何でこんなに熱が低いのだろうと思い、熱が出ない思い頭痛がなぜ出るのかと疑問に思うのが原因と考えられます。



予防接種を受けた

インフルエンザの予防接種を受けた人は、熱が出ない人がいて、頭痛だけが出るケースもあり、予防接種で37~38度の熱しか出ないようになる人もいるので、熱が出ないで頭痛が出る原因でもあります。



インフルエンザの薬を服用した

インフルエンザが発症して48時間以内の人が、タミフル・リレンザ・イナビルなどインフルエンザの薬を服用した場合は、熱が出ない人がいて、それ以外に熱が出ても37度で済む人もいて、頭痛はインフルエンザの初期症状に出るので、後で現れる熱が出なくなるの考えられることです。



朝に体温を測った

インフルエンザの熱なしで頭痛が続くのは、朝に体温を測るのも原因であり、朝は体温が落ちて、夕方に上がるように人間の体はなっており、実際に朝が36~37度の熱でも夕方だと38~39度になった方もいるので、熱が出ない勘違いしていることもあり、インフルエンザの頭痛が続いて当然です。



免疫力が低いから

実はインフルエンザの熱なしで頭痛が出る人は、免疫力が低い人であり、免疫力が低い人は熱を出すのが難しく、大人なら38度以上の熱が出ない人が2割いて、高齢者なら5割が38度以上の熱が出ず、子供や高齢者は免疫力が低いので37度の人が多く、インフルエンザで熱なしになるのは免疫力が低いのが原因で、頭痛や喉が痛い症状が続きます。



解熱剤や風邪薬を服用した

解熱剤を使ったら一時的に熱が出ない人がいて、解熱剤の効果を持った風邪薬も同様であり、実際に解熱剤を使った人は36度まで熱が下がりましたが、少し時間が立つと38度にまで熱が上がった人がいるので、体内にあるインフルエンザを退治してないので、後でぶり返す事があり、喉が痛いや頭痛の症状はも当然続きます。


以上が熱が出ない理由です。

スポンサードリンク


喉が痛い原因は風邪?


インフルエンザの症状には倦怠感・筋肉痛・関節痛・咳・頭痛・下痢・腹痛・嘔吐などがあり、風邪と違う点は沢山あります。


例えば筋肉痛・関節痛・倦怠感であり、熱が出ないも見極めがある程度付きます。


風邪を発症したから熱が出ないと考えられますが、風邪の初期症状に頭痛がありますが、インフルエンザの頭痛の方が痛みが酷いです。


インフルエンザの症状で喉が痛いと感じるのは、初期症状に現れにくく、喉が痛い・鼻詰まり・咳はインフルエンザが治りかけに現れる可能性が高いです。


しかし、風邪は初期症状に鼻水・喉が痛い・咳などの症状が現れます。


つまりインフルエンザを引いて間もない時に喉が痛い場合は、風邪の可能性が高く、風邪を引いているから熱が低く、熱が出ないことが考えられます。


逆にインフルエンザで喉が痛い場合は、喉にウイルスが付着して炎症を起こしたことが原因と考えられ、他には咳などで口内が乾燥して現れます。


乾燥した空気が喉を直撃して、喉の粘膜を刺激する事で発症するのが特徴であり、鼻水で鼻詰まりになり、口呼吸になった場合も喉が痛い症状が悪化します。


インフルエンザで喉が痛い場合は数日で治り、咳が続くと長引く恐れもあります。


またインフルエンザと時期が被る1~3月に流行する花粉症は、熱が出ないの時もあり、鼻水・頭痛・咳・喉が痛いなどを伴うので、原因として考えられます。

スポンサードリンク



インフルエンザの頭痛とは


体内にインフルエンザが侵入するとプロスタグランジンという成分が分泌され、この成分は痛みを増強する作用があるため、僅かな動きが刺激となります。


その刺激がインフルエンザの頭痛に繋がっています。


またインフルエンザの症状には高熱がありますが、高熱を伴うと血管が膨張して、周辺にある神経を圧迫するので、それが頭痛に繋がります。


高熱はウイルスの増殖を防いで、免疫力を向上させるために必要不可欠なものです。


インフルエンザの症状である頭痛は基本的に4~10日で治り、結構長引くのが特徴で、高熱が改善されると治る傾向にあります。


しかし、熱が治っても頭痛だけが数日続く事もあるので、個人差があり、完璧にウイルスが治っていないのが原因です。


またインフルエンザの症状ではなく、タミフルの副作用で頭痛を伴う事がありまう。



他にも目の疲労などで、スマホやパソコンの駆使をすると目が疲労して、頭痛に繋がる事があります。


インフルエンザで熱が出ないで、頭痛が続く時は緊張型頭痛・後頭神経痛・片頭痛・若年性脳梗塞・群発頭痛などが考えられます。


最後にあなたはインフルエンザの頭痛を早く治したいですか?


それなら下記にインフルエンザの頭痛を早く治す方法を紹介しているので、困っている場合は是非とも参考にしてください。


インフルエンザの頭痛に効く治し方


以上でインフルエンザで喉が痛いについて終わります。

Sponsored Link


コメントを残す

このページの先頭へ