インフルエンザの頭痛が残る?治らないで続く原因とは


インフルエンザを発症して、ある程度治ったにも関わらず、酷い頭痛が残る人もいて、治らないで続く原因は何だろうかと不安になるでしょう。


7049d21f365f6c1656d5509bc1f7c0d6_s



今回はインフルエンザの頭痛が残る治らない人についてお伝えします。


また治らないで続く原因は沢山あるので紹介していき、最後に
インフルエンザの頭痛を治す方法を紹介するので、治らないで続く人におすすめです。

インフルエンザの頭痛とは


人間の体内にインフルエンザが侵入すると高熱が出ますが、その際にプロスタグランジンという成分が分泌されて、痛みを増強する作用が現れます。


僅かな刺激が痛みとなり、インフルエンザの症状で酷い頭痛が現れます。


また高熱の症状で血管が膨張すると周辺にある神経を圧迫するようになるため、インフルエンザの症状で頭痛が起きるようになります。


高熱は仕方ない事で、免疫力を上げる事やウイルス増殖を防ぐなどの効果があります。


インフルエンザの症状で現れる頭痛は、すぐに治るものではなく、基本的に高熱が良くなる4~5日目から良くなっていく傾向にあります。


しかし、インフルエンザの症状で、頭痛だけが残る人もいて、治らないで続く事もあります、特にb型は症状が長引きやすいので、長く続く傾向にあります。


実際にインフルエンザを発症した人で、8日間に渡って頭痛が続いた人もいて、酷い人だと10日間改善されなかった人もいます。


これは体内のインフルエンザウイルスが完璧に退治出来ていないからです。


基本的に発症から7日で改善しますが、10日以上治らないで残るようになる人もいますが遅くても10日で治ります。


10日以上治らないで続く場合は別の原因も考えられます。

スポンサードリンク


頭痛が治らないで残る原因とは


インフルエンザの頭痛が残る人で、いつまでも治らないで続く人は、原因を知りたいと思うので、今から紹介します。


頭痛が治らないで残る原因


インフルエンザ薬の副作用

インフルエンザの薬であるリレンザ・イナビル・タミフルを服用すると頭痛の副作用が数十分~数日後に現れる事があり、治らないで続く原因はタミフルなどが考えられ、インフルエンザの頭痛が残ると感じる人は、服用して痛みが酷い状態になったか確認しましょう。



花粉症

インフルエンザは11~3月に流行しますが、花粉症は1~3月に流行するので時期が被り、花粉症の症状は鼻水・熱・頭痛・喉の痛み・咳・目の痛み・鼻詰まりなどがあり、インフルエンザと症状が似ていて、鼻詰まりで酸欠不足となり、頭痛が現れるのですが、頭痛だ現れて残る事もあり、治らないで続く原因は花粉症が考えられ、治るのに1ヶ月以上必要になる人もいます。



髄膜炎

インフルエンザなどのウイルスが脳と脊髄を繋ぐ髄膜に感染して、炎症を起こした場合に発症して、高熱・吐き気・首を曲げるのが痛い・激しい頭痛などを伴い、なぜかインフルエンザが治らないで残ると感じて、頭痛が続く場合は原因と考えられ、特に
後頭部の部分に頭痛の症状が酷く見られ、光を嫌うようになります。



副鼻腔炎

人間の鼻の奥にある空洞部分の副鼻腔と呼ばれる部分にインフルエンザなどが感染して炎症を起こすと発症して、痰・咳・頭痛・発熱・黄色や緑色の鼻水・顔面の痛みを伴い、インフルエンザと症状が似ており、頭痛だけ残る場合は原因と考えられ、副鼻腔炎の頭痛は前頭部や後頭部も痛み、顔面の痛みや頭の重さを感じるので治らないで続く時は調べると良く、他にも黄色や緑色の鼻水は悪臭があり、インフルエンザと違う点です。



肩こりによる緊張型頭痛

普段からデスクワークや車の運転など一定の動きしかしない人葉、肩の筋肉の酸素が不足する事から、疲労物質が溜まって、血液の流れが悪くなるのですが、頭の筋肉と肩の筋肉は繋がっているので、酸素不足が頭痛の原因となり、インフルエンザが治っても頭痛が残る人は、治らない原因が肩こりの可能性があるので、続く時は注意しましょう。



生理やホルモンバランスの痛み

生理前や生理後のホルモンの影響で、頭痛が現れる女性がいて、実際にエストロゲンとプロゲステロンが排卵前や生理前に急激に増えますが、生理~生理後にはかなり減り、二つのホルモンが血管の収縮や拡大のバランスを取りますが、生理~生理後はホルモンが減るので、バランスが崩れて、血管が拡張して、こみかみ付近の片側がズキズキ痛む偏頭痛を伴う事があり、頭痛が治らないで残る人は、続く原因は生理の可能性もあります。



目の疲れによる頭痛

頭痛が残る人で治らないという人は、インフルエンザではなく目の疲れも考えられ、目の疲れで緊張状態が続くと頭皮にまで緊張状態が渡り、頭痛が続く原因となり、パソコン・スマホ・読書・テレビなどを長期間使い続けて、目を駆使すると頭痛が残るようになり、治らないで続く原因になります。



慢性疲労症候群

この病気は体を半年間動けないほど疲労が溜まった状態になる病気で、ホルモンの低下・ストレス・栄養不足・異常な低血圧・感染などが原因と考えられ、主に頭痛・喉の痛み・発熱・筋肉痛・不眠・過眠・疲労感などの症状が現れ、インフルエンザの頭痛が治らないで、疲労感がある人は原因と考えられ、酷い痛みが続く時は疑いましょう。



くも膜下出血

インフルエンザの頭痛が治らないで残る人は、くも膜下出血も考えられ、
後頭部をハンマーで叩かれる強く酷い痛みを伴い・めまい・嘔吐・意識障害などが現れ、原因は喫煙・高血圧・コレステロールなどであり、不健康な人は頭痛が続く原因と考えられます。



片頭痛

インフルエンザの頭痛が治らないで残る人で、肉体的疲労・睡眠不足・ストレスを抱える人に現れ、10~40代の人に多く、女性は男性の3倍の確率で現れ、主に頭痛はこめかみが痛くなるのが基本で、吐き気や嘔吐を伴う事や光や音に対して敏感になるなどの特徴があり、頭痛が現れる前に言語障害・運動障害・視界が欠ける・目の前がチカチカする事があり、酷い痛みが続く原因に考えられます。



若年性脳梗塞

インフルエンザの頭痛が残る人で、45歳以下の人は若年性脳梗塞が考えられ、頭痛はこめかみに現れる事があり、3割の人に現れると分かっており、手足のしびれ・言語障害・めまいなどの前兆が他にもなり、治らないで続く原因として考えられます。



群発頭痛

お酒をよく飲む方に現れやすく、左右のこめかみがえぐられる感じの頭痛を伴い、30分~1時間痛みが続くのが特徴で、1~2ヶ月など一定の期間に現れ、夕方などの一定の時間で頭痛が現れ、1度起こった場合は次の日も現れ、目の充血・発汗・鼻水・鼻詰まりなどが現れ、インフルエンザの頭痛が治らないで残る人に考えられる原因です。



後頭神経痛

ストレスや姿勢の悪さで起こる病気で、電気が走るような痛みが後頭部を走り、
数日~数週間痛みが続くのが特徴で、目の奥が痛いと感じる事もがあるのが特徴で、インフルエンザの頭痛が治らないで残る原因と考えられるので、痛みが酷い人は疑いましょう。


以上が頭痛が治らないで残る原因です。


最後にあなたはインフルエンザの頭痛を早く治したいですか?


下記にインフルエンザの症状を治す方法を紹介しているので、頭痛が酷いには非常におすすめです。


インフルエンザの頭痛の治し方


以上でインフルエンザの頭痛の症状が残る原因について終わります。

Sponsored Link


コメントを残す

このページの先頭へ