インフルエンザb型の熱の期間は何日?治し方とは


インフルエンザb型を発症すると熱が現れますが、何日ぐらいの期間で改善されるのかハッキリ分からないと思います。


0086eb3df6ec1ea9035acb916359ae16_s



今回はインフルエンザb型の熱の期間が何日か説明します。


またインフルエンザb型の治し方を最後に紹介したいと思うので、困っている人は是非とも参考にしてください。

インフルエンザb型の熱と症状


インフルエンザb型は普通のa型とは異なり、37~38度の微熱が出るようになり、a型なら通常38~40度の高熱の症状が出ます。


基本的にインフルエンザb型は筋肉痛・全身の倦怠感・悪寒・咳・鼻水・頭痛・下痢・腹痛・嘔吐などの症状を伴います。


しかし、a型よりもb型は腹痛・下痢・嘔吐などの症状が現れやすいです。


インフルエンザb型の熱の期間は、a型よりも何日か長引く傾向にあり、これは熱の高さが関係しており、やはり体温が高いほど免疫力が高くなり、ウイルスの増殖も抑えます。


しかし、b型は微熱しか出ないことが多く、抵抗する力がa型よりも弱いです。


そのため、インフルエンザb型の熱はa型よりも何日か、期間が長引く傾向にあります。

スポンサードリンク


b型の熱の期間は何日?


インフルエンザb型の熱が続く期間は何日なのか、分からなくなる時があると思いますが、基本的に3~7日というのが正直な答えです。


早い人だとインフルエンザb型の熱が1日で治る事もあります。


しかし、基本的にインフルエンザb型は二峰性発熱と言い、熱が下がってから半日~1日後にぶり返す事があり、実際に36度の人が39度にぶり返したケースがあります。


熱が治ったとしても2日以内はぶり返す恐れがあり、インフルエンザの薬を服用していなかった場合は高いです。


インフルエンザb型の熱が3~4日後に治っても5~6日後にぶり返す事が多いです。


そして、7日目にしてやっと平熱になり、熱の期間が終わるという人は多いです。。


b型インフルエンザの熱が完治するのは、解熱から2日後なので、最短で3日の期間となります。


最後にあなたはインフルエンザb型を早く治したいですか?


それなら下記に治す方法を紹介しているので、困っている人は是非見てください。


インフルエンザb型の治し方


以上で熱の期間が何日か終わります。

Sponsored Link


コメントを残す

このページの先頭へ