インフルエンザb型の完治までの日数と期間?判断方法とは


インフルエンザb型の完治までに必要な日数と期間を知りたいと思う人がいると思うので、今回は説明したいと思います。


7968c2169e4b9a5ff5b317f959f90857_s



咳や熱などの症状が続く人は必見です。


またインフルエンザb型の完治までの日数と期間は長いので、判断方法を紹介して、
最後にインフルエンザb型の治し方を紹介します。

インフルエンザb型の症状と潜伏期間


まず体内にインフルエンザb型が侵入して、1~3日の期間が潜伏期間となり、最短で1日と最長3日を経過すると症状が現れます。


基本的に2~3月にインフルエンザb型は流行するので、発症します。


また下記のような症状が現れるので、是非ともチェックしてください。


インフルエンザb型の初期症状


・37~38度の微熱
・全身の倦怠感
・筋肉痛
・関節痛
・頭痛
・下痢
・嘔吐
・腹痛
・腰痛

以上が初期症状です。


インフルエンザb型の場合は下痢・嘔吐・腹痛など消化器系の症状がa型よりも出やすいという特徴があります。


またインフルエンザb型の場合はa型のように高熱が出ません。


基本的に37~38度の熱が出るのが特徴で、a型よりも長引く傾向にあり、熱は4~7日間の期間続くのが普通です。


インフルエンザb型は熱が一度下がっても、半日~1日経過するとぶり返す事があります。


基本的に熱が完治して2日経過するとインフルエンザb型の熱がぶり返す事がまずないです。


またインフルエンザb型の症状には鼻水・喉の痛み・咳が治りかけの時に出やすいです。


例えば一週間後に治りかけなら、そこから鼻水・喉の痛み・咳が現れやすくなり、そこから数週間症状が続く事があります。

スポンサードリンク


完治までに必要な日数と期間の判断方法


基本的にインフルエンザb型の完治までに必要な日数と期間は、いろんな説があるので、なるべく分かりやすい判断方法を紹介します。


完治までの期間を判断する方法


・解熱して2日経過した
・インフルエンザb型を発症して5日経過した
・症状が全て治った
・感染力がない


以上が完治までの期間と日数を判断する方法です。


まず日数で完治までの期間を現すなら3日~21日までが目安となり、なぜこうなるのか、インフルエンザb型の感染力がなくなると完治と判断出来ます。


インフルエンザb型の熱は基本的に解熱して、2日経過するとぶり返す事がほとんどなく、他の症状も全て完治していれば、人によっては既に感染力もないでしょう。


そのため、熱が1日目で治り、2日経過した時の3日目が最短の完治期間と判断出来ます。


熱が下がり、それから1日目の時にぶり返せば、また解熱してから2日経過をカウントし治します。


基本的に解熱して2日経過すると感染力が急激に落ち、感染力がない人は完治と言えて、症状が何もないならその可能性は高くなります。


最後に咳・喉の痛み・鼻水などの症状が治っているかが、完治する日数を測る、判断期間となります。


咳・喉の痛み・鼻水はインフルエンザb型の症状で、治りかけに出やすいです。


例えばインフルエンザb型を発症して、熱が平熱になった7日目から咳・喉の痛み・鼻水が出たとして、喉の痛み以外の咳と鼻水は2週間続く事もあります。


完治までの日数や期間を測る判断基準にこれらの症状が完治したかが大切です。


まず咳ですが、これは体内にあるウイルスを出そうとして現れる行為であり、つまり体内にまだインフルエンザb型が残っているという事になります。


そして、飛沫感染と言って、咳で人にインフルエンザb型をうつす力があり、2mまで飛んでいき、痰でウイルスを絡めて咳で出します。


鼻水も体内のインフルエンザb型を出そうとする行為です。


つまり咳や鼻水などのインフルエンザb型の症状がまだ現れている期間は、感染力があり、完治しておらず、咳は3週間の21日間の日数に渡って続きます。


インフルエンザb型は基本的に7日目が治りかけで、治りかけの7日目に咳や鼻水が出た場合で最大14日の日数続いた場合は、合計して21日が完治までに必要な日数と期間です。


咳などの症状が完治したかどうかも完治の目安となり、何かの症状があればまだ体内にインフルエンザが残っていて、完治しておりません。


最後にあなたはインフルエンザb型を早く治したいですか?


それなら下記におすすめの治し方を紹介しているので、困っている人は是非見てください。


インフルエンザb型の治し方


以上で完治までの日数と期間を判断する方法にいて終わります。

Sponsored Link


コメントを残す

このページの先頭へ