インフルエンザの下痢が止まらない!治りかけに再発する?


下痢が突然止まらない状態になるとインフルエンザの症状が原因である事があり、治りかけにも注意が必要なので、特徴をお伝えします。


3892dc643c2aba6cb5fb4ad48871bae0_s


また対処方法を紹介するので、是非見てください。

最初にインフルエンザの下痢症状の特徴を説明して、次に治りかけの危険性と止まらない時の対処法を紹介していきます。

インフルエンザの下痢症状とは


人間の体にインフルエンザが侵入して、1~3日の潜伏期間が経過するとインフルエンザの症状は現れ、主にa型とb型の2種類が代表的です。

a型は下痢を伴う事があり、基本的に症状が短期間に激しいという特徴があります。

またb型は消化器官に関する症状が現れやすい特徴があり、嘔吐・腹痛・下痢が現れやすく、下痢が止まらないケースはb型に多いでしょう。

ちなみにインフルエンザ症状が回復するのは、一週間程です。

そのため下痢は一週間で治る事が多く、下痢になってしまう理由は熱を引いて、胃腸の機能が弱る事から、発症するので、熱が治ると良くなる傾向にあります。

またインフルエンザ症状が良くなっても、治りかけというケースが多いです。

インフルエンザ菌は体内に住み着くため、排出するまでは二次感染させる力があり、下痢が治りかけになっても、まだ治った訳ではないのです。

基本的に一週間で下痢によって、インフルエンザ菌は排出されます。

またインフルエンザに処方されるタミフルは、5%の確率で副作用として、下痢を引き起こす事があるので、治りかけから悪化するのはタミフルが原因かもしれません。

ちなみにインフルエンザ症状で発熱して、1日経過すると熱が治り、元気になった子供がいましたが、その子は治りかけの時に下痢になったようです。

そのため治りかけに下痢が現れるのは、珍しくなく、食欲が無くなる子もいます。

スポンサードリンク


下痢が止まらない時の危険


インフルエンザが発症した子供で、下痢の症状が現れた子供は午前中だけで、2~5回繰り返したという報告が多く、かなりの回数を繰り返します。

また小さな赤ちゃんは下痢を1日20回繰り返したという方もいます。

下痢が止まらないという事はよくあることで、同時にチクチクと腹痛を伴う事が多く、基本的に気を付けるべき事は脱水症状を防ぐ事です。

インフルエンザの下痢が止まらない時は、同時に水分も奪われます。

すると脱水症状になり、鉄分の不足で貧血などの危険性があり、対処法として水分補給を頑張るべきですが、吐き気がある時は控えましょう。

やはり吐き気がある時は嘔吐する恐れがあるので、一時期に控えます。

またインフルエンザ症状で下痢が止まらない時は、下痢止め薬を服用するべきではなく、排便を止めてしまうとインフルエンザ菌が排出されません。

すると治りが遅くなり、かなり治療が困難となります。

しかし、インフルエンザ症状の下痢が3日以上止まらない時は、体の負担を避けるために下痢止め薬を服用した方が体に良いとされています。

もちろん激しくない場合は服用しない方が良いでしょう。

スポンサードリンク



下痢が止まらない時の改善方法


インフルエンザの症状で下痢が止まらないという方は、対処療法を試すと良いので、今から止める方法を紹介します。

下痢を止める方法

食事を控える
食物繊維を控える

以上がインフルエンザの下痢を止める方法です。

下痢の症状が止まらない時や治りかけの時は、食事を控えて胃の荒れを治す事が最優先であり、インフルエンザが治ったらお粥などを食べ始めます。

最初は消化に良い物を食べ、お腹が空いた方はお粥を食べると良いです。

また下痢の症状が止まらない時や治りかけの時は、食物繊維などの刺激物を避けるべきで、キノコ類や海藻類はもちろん、肉類やパンは控えます。

インフルエンザには生姜が良く、「ジンゲロン」の殺菌作用が効果的です。


最後にあなたはインフルエンザを早く治したいですか?

早く治したいと思っている方には下記の記事に有効な方法を紹介しているので、興味があれば見てください。

インフルエンザに有効な治し方

以上でインフルエンザの症状で下痢が止まらない時の対策方法について終わります。

Sponsored Link


コメントを残す

このページの先頭へ