インフルエンザb型の症状と経過?いつまで続くのか


インフルエンザb型の症状にも経過というものがあり、どんな順序で体調不良を伴うのか説明したいと思います。


2baa6bc78349b2f093142408d29586ca_s



またインフルエンザb型の症状がいつまで続くか説明します。


症状の経過といつまで続くかをお伝えしたら、最後にインフルエンザb型を治す方法を紹介したいと思います。

インフルエンザb型の症状とは


インフルエンザb型の潜伏期間は1~3日で、最短1日経過すると症状が現れる人がいますが、最長3日の期間が経過して、症状が現れる人もいて個人差があります。


主にインフルエンザb型の症状は以下の通りです。


インフルエンザb型の症状


・全身の倦怠感
・筋肉痛
・関節痛
・寒気
・頭痛
・37~38度の微熱
・腰痛
・腹痛
・嘔吐
・下痢
・咳
・鼻水
・喉の痛み


以上がb型の症状です。


インフルエンザb型の症状は基本的に7日まで続きますが、実際には症状によっていつまで続くのかは異なるので、後で詳しく説明します。


またa型と違い、インフルエンザb型の症状は消化器系の腹痛・嘔吐・下痢などが現れやすいので、注意しましょう。


インフルエンザb型の37~38度の微熱は低いですが、a型よりも長引きます。


基本的に1~7日続くのが特徴で、インフルエンザb型の場合、二峰性発熱と言って、熱が下がっても半日~1日経過するとぶり返す事が多いです。


例えば36度にまで下がっても38度にまた戻ると言った感じです。


スポンサードリンク


インフルエンザb型の症状と経過とは


症状にも経過というものがあり、インフルエンザb型にもそれがあるので、説明したいと思います。


インフルエンザb型の症状と経過


潜伏期間が1~3日経過する
    ↓
インフルエンザb型を発症して症状が現れる

・筋肉痛
・関節痛
・全身の倦怠感
・37~38度の微熱
・腰痛
・腹痛
・下痢
・嘔吐
・寒気
・頭痛

以上の症状が現れる
    ↓
インフルエンザb型が発症して平均3~7日で治りかけで症状が治る
    ↓
治りかけから咳・鼻水・喉の痛みが出やすい
    ↓
咳や鼻水が最後に治る(2週間続く事もある)


以上がインフルエンザb型の症状と経過です。


潜伏期間の1~3日が終わるとインフルエンザb型の症状が現れ、筋肉痛・関節痛・全身の倦怠感・微熱・腰痛・下痢・嘔吐・寒気・頭痛などが現れます。


これらの症状は基本的に1~7日で治ります。


インフルエンザb型の症状が現れて、3~7日経過すると治りかけになりますが、治りかけになると咳・鼻水・喉の痛みの症状が現れやすいです。


ちなみに治りかけとはインフルエンザb型の症状である熱が解熱して、2日経過した時を目安にすると良く、咳や鼻水があればまだ完治していません。


咳や鼻水などは長引く傾向にあり、2週間経過してやっと咳が治る人もいて、それでやっと完治と言えます。


やはり咳には飛沫感染させる力があるので、これが治って始めて完治の経過となります。

スポンサードリンク



インフルエンザb型の症状はいつまで?


今からインフルエンザb型の症状がいつまで続くのかを説明しますが、基本的に発症した日から数えると3~28日になります。


インフルエンザb型の症状がすぐに治る人なら3日で治ります。


しかし、インフルエンザb型の症状で筋肉痛・関節痛・下痢・腹痛・嘔吐・微熱・倦怠感喉の痛みなどの症状はいつまでも続かず、1~7日で治ります。


ですが、頭痛の症状に関しては4~10日くらい続き、長引きます。


またインフルエンザb型の症状が発症から7日で良くなってもそこから、咳・鼻水・喉の痛みなどが現れ、咳は2~3週間続き、いつまでも続くと感じることも多いです。


鼻水に関しては2週間ほど続く人もいますが、それ以降は良くなる人が多いです。


また2週間以上咳が続けば、別の病気が考えられます。


発症して7日間で治りかけになり、そこから咳を発症して2週間続くと、計算して21日間まで最大で症状が続く事になります。


最後にあなたはインフルエンザb型を治したいですか?


それなら下記に治す方法を紹介するので、いつまでも症状が続く感じがする人は、是非とも試してください。


インフルエンザb型に有効な治し方


以上で症状の経過といつまで続くかについて終わります。

Sponsored Link


コメントを残す

このページの先頭へ