インフルエンザのa型とb型の症状!下痢の違いと改善法


インフルエンザが発症した人は、下痢状がれる事があり、基本的にa型とb型に感染する方が多く、少し症状にも違いがあります。


de5e00acccfd9ba43d90c3a73454051b_s


今回はその違いと対処法を紹介したいと思います。

まずはインフルエンザa型とb型の症状の違いを説明して、次に下痢の特徴と対処方法をお伝えしていきます。

インフルエンザa型の下痢と薬


基本的にインフルエンザa型はb型と違い、鶏や人間などあらゆる生物から感染して、潜伏期間1~3日を通して、以下の症状が現れます。

インフルエンザa型の症状

高熱(38~40度)が多い
関節痛と筋肉痛
咳が続く
耳鳴りと痛み
下痢・腹痛
嘔吐
悪寒と体の震え
鼻水や痰

以上がインフルエンザa型の症状となります。

インフルエンザa型はb型と違い、短期間に激しい症状が現れ、高熱になりやすいという特徴があり、高熱は体内の消化器官の機能を弱らせます。

すると便秘・下痢・嘔吐・腹痛などが現れるので、注意が必要です。

また下痢と腹痛は同時に現れやすく、高熱は2~3日で治る事が多いですが、下痢は4~5日で治る傾向にあり、長い人は一週間続きます。

この治療期間はa型もb型も同じなので、覚えておきましょう。

インフルエンザa型とb型も同じようにインフルエンザ菌を出すために下痢になっており、糞便で菌を排出するので、基本的に下痢止め薬は服用しない方が良いです。

服用すると治りが遅くなるので、整腸剤を服用しましょう。

しかし、インフルエンザの下痢症状が3日以上続く場合は、止めた方が良いので、その時は下痢止めに専念しましょう。

スポンサードリンク


b型と下痢と副作用の危険


b型は消化器官の症状が現れやすく、下痢・嘔吐・便秘・腹痛がa型よりも出やすく、インフルエンザの中でも長引きやすいとされています。

特にb型は下痢が現れやすく、b型の排便で苦しむ人は多いです。

実際にインフルエンザb型を発症した人で、下痢が現れた人は午前中に2~5回排便をした子供もいて、酷い子だと1日20回繰り返したという事例もあります。

ちなみに下痢の恐ろしい所は脱水症状でこれはb型だけでなく、a型にも言えます。

やはり体内の汚物が流れると同時に体内の水分も体外に出るので、脱水症状の原因となり、インフルエンザa型とb型を発症した時は水を飲むようにしましょう。

しかし、吐き気がある時に飲むと吐く恐れがあるので、控えます。

またインフルエンザは発症から一週間で治るとされており、下痢が再発した方は、タミフルなどの薬による副作用も原因と考えられます。

基本的に5%の確率で、下痢を伴う事があるようです。

スポンサードリンク



下痢の改善方法


インフルエンザのa型とb型の症状で、下痢が現れた人に早く治す方法をとして改善方法を紹介するので、以下の方法を試してください。

下痢を治す方法

食事を控える
水分をしっかり取る
刺激物を控える

以上がインフルエンザの下痢を治す方法です。

やはり下痢の時は胃が荒れているので食事を控えるべきで、特に消化の悪い肉類・パン・食物繊維は控えるべきです。

お腹が空いた時はお粥やうどんなど胃に優しい食べ物を食べると良いです。

またインフルエンザでa型やb型でも水を頻繁に飲むべきで、喉が渇いたなぁと感じた時には既に手遅れなので、1時間に1回は飲みましょう。

下痢の症状を悪化させる刺激物は控えるべきで、この刺激物は沢山あります。

主に炭酸飲料・コーヒー・辛いスープ・お酒・食物繊維・冷たい牛乳などがあり、これらは胃を荒らすので、しばらく控えましょう。

最後にあなたはインフルエンザを早く治したいですか?

もしそうなら下記にある記事に治し方を紹介しているので、参考にしてくれると有効です。

インフルエンザに有効な治し方

以上でインフルエンザa型とb型の下痢症状について終わります。

Sponsored Link


コメントを残す

このページの先頭へ