インフルエンザが回復までの期間と早く治す方法とは


インフルエンザを発症してしまった場合は、回復までの期間はどれくらい掛かるのか、あなたも気になってこの記事を読んでくれていると思います。






ここではインフルエンザが回復するまでの期間をお伝えします。


また記事の最後にインフルエンザを早く治す方法を紹介しているので、是非参考にしてください。

インフルエンザが回復までの期間とは


基本的にインフルエンザが回復までの期間は3日~9日ぐらいを目安にすると良く、回復したと言えるのはインフルエンザの熱が平熱に戻り、2日経過した時です。


熱が下がって2日経過していない場合は、熱がぶり返す恐れがあり、まだ回復までの期間中と言えます。


インフルエンザは体内に侵入して、1~3日の潜伏期間が経過して発症するようになります。


潜伏期間も含めれると回復までの期間を合計すると4日~12日となります。


3日で回復する人は1日目でインフルエンザで熱が出たけど、その日にすぐに熱が下がって、ぶり返さずそのまますぐに回復するケースです。


しかし、インフルエンザb型の場合は熱が長引く傾向にあり、平均4~7日続きます。


そのため、長い場合は7日間で熱が下がって、2日経過した9日間までが回復する期間になるので、すぐに治らない傾向にあります。

スポンサードリンク


インフルエンザの回復までの期間が遅くなる理由


中々インフルエンザが良くならず、回復までの期間が長いと思う場合は、下記が原因の可能性があるので、注意しましょう。


インフルエンザ回復を遅くする原因


・解熱剤を使用している

解熱剤は人間の免疫細胞である白血球を一時的に抑制して、対抗しなくなる事で一時的に熱を下げるようになっているだけで、解熱剤の効果が切れた瞬間にインフルエンザの熱がぶり返す事が多く、熱はインフルエンザを殺菌するために出ているので、解熱剤で回復が遅くり、39度以下の熱なら使わない方が良く、39度以上なら使うのもありという意見があります。



・風邪薬を服用している

インフルエンザの回復までの期間が長くなるのは風邪薬の服用も原因であり、風邪薬は発熱などの症状を抑えるだけで免疫力が下がり、インフルエンザの回復までの期間が長くなる原因となって、実際に風邪の治りが遅くなると判明しております。


・生活習慣が悪い

インフルエンザ回復までの期間が長引くのは、生活習慣で免疫力が低下するのも原因であり、例えば睡眠不足・ストレス・栄養不足・暴飲暴食・タバコ・不規則な生活などが当てはまり、これらを改善する事が大切です。


以上がインフルエンザが回復までの期間が遅くなる原因です。


最後にインフルエンザを早く治す方法を記事に紹介します。


インフルエンザを早く治す方法


以上の記事を参考に早く治す事をおすすめします。

Sponsored Link


コメントを残す

このページの先頭へ