インフルエンザの回復の日数と判断の方法はこちら


あなたはインフルエンザに発症したら、回復に掛かる日数はどれくらいで、治ったかどうかの判断を知りたくて、この記事を読んでくれていると思います。





今回はインフルエンザの回復の判断方法と治療に掛かる日数をお伝えします。


また記事の最後にインフルエンザを早く回復させる方法を紹介しているので、興味があれば是非とも参考にしてください。

インフルエンザの回復日数の目安とは


基本的にインフルエンザの回復に掛かる日数は3日~9日が目安であり、最も早い人で3日で治ると考えてくれると良いです。


インフルエンザが体内に侵入して1~3日の潜伏期間が経過して症状が現れます。


そのため、潜伏期間も含めるとインフルエンザに必要な回復日数は4~12日ぐらいになると考えてくれると良いです。


解熱剤の使用あるいは風邪薬を服用した場合は、回復に必要な日数が増えます。


解熱剤は人間の免疫細胞である白血球を抑制して、白血球がインフルエンザに対抗しなくなる事で、一時的に熱が出なくなっております。


熱は元々、ウイルスを殺菌するために出ております。


そのため、インフルエンザが体内に残ったままになり、根本的な回復になっていません。


この事から一時的にインフルエンザの熱が下がっても後で熱がぶり返す事が多く、回復に必要な日数が増える傾向にあるのです。


また風邪薬も解熱成分を含むものがあるので、同様です。

スポンサードリンク


インフルエンザが回復したかどうかの判断方法


次にインフルエンザが回復したかどうかの判断ですが、基本的にインフルエンザの
熱が下がって2日経過したら回復したと考えて良いです。


インフルエンザの熱は一度下がっても2日以内なら、熱がぶり返す事が多いです。


これを二峰性発熱と呼び、特にインフルエンザの熱が出た時に解熱剤を使用した方は、熱がぶり返す事が多いので注意が必要です。


回復が早い人だとインフルエンザ発症から1日目で熱が出たと同時にすぐにその日に下がり、そのまま治るケースもあります。


判断方法は以上ですが、最後にインフルエンザを早く回復させる方法を紹介しておきます。


インフルエンザを早く治す方法


あなたがインフルエンザを早く回復させたい場合は役立つので、是非とも参考にしてくれると良いです。


以上で回復の日数と判断方法について終わります。

Sponsored Link


コメントを残す

このページの先頭へ