インフルエンザで夜になると熱が上がる?早く治す方法とは


あなたはインフルエンザで夜になると熱が上がるという状況になり、この記事を読んでくれていると思います。






ここではインフルエンザが夜になると熱が上がる理由をお伝えします。


また記事の最後にインフルエンザを早く治す方法を紹介するので、興味があれば是非とも参考にしてください。

インフルエンザで夜になると熱が上がる理由


まずインフルエンザで夜になると熱が上がると心配になりますが、これは正常な反応なのでそれほど気にする必要はありません。


インフルエンザで夜になると熱が上がる理由は、睡眠に関係しています。


人間は寝る時に体温が高いままだと深い睡眠に入る事が困難となり、副交感神経が寝る前になると自然に体温を下げるように働いております。


そのままの状態で、朝を迎えますが、朝に体温を測るとインフルエンザの熱が下がっている事が多いです。


これは副交感神経がまだ体温を下げているのが理由です。


そして、副交感神経は朝から夜に掛けて、体温を上昇させるようになっており、インフルエンザの方は夜になると体温が上昇する事で熱が上がるようになるのです。


基本的に睡眠前の数時間前になると体温はまた下がり、インフルエンザの熱は下がります。


インフルエンザの熱は朝が最も低い傾向にあり、実際に朝は36度ぐらいでも夜になると38度まで上昇したというケースは多いです。

スポンサードリンク


インフルエンザの熱が上がる理由


基本的にインフルエンザは夜になると熱が上がる傾向にありますが、それ以外にも原因があるのでお伝えしておきます。


インフルエンザで夜になると熱が上がる理由


・二峰性発熱が原因

主にインフルエンザは二峰性発熱という熱がぶり返す事が多くあり、夜になると上がるのはこれが原因である事も多く、インフルエンザの熱が下がって2日経過するまではぶり返す事が多く、36度まで下がっても38度に上昇する事があるので、2日経過するまで注意しましょう。



・解熱剤を使用した

解熱剤は人間の免疫細胞を抑制して、インフルエンザに対抗するための熱が出なくなる事で、一時的に熱が下がるようになっており、実際にインフルエンザの熱は解熱剤を使用して下げた場合は、後でぶり返す可能性が高いので、夜の時にぶり返したのかもしれません。



・風邪薬を服用した

インフルエンザで夜になると熱が上がるのは、風邪薬を服用したことが原因である事もあり、風邪薬の中にも解熱作用があるものがあり、それで一時的に熱が下がっていたけど後でぶり返したのが原因の可能性があります。


以上がインフルエンザで夜になると熱が上がる理由です。

スポンサードリンク



インフルエンザの熱を早く治す方法


あなたはインフルエンザで夜になると熱が上がるのであれば、それを下げるためには回復させる必要があります。


そのためにインフルエンザを早く治す方法を紹介します。


上記の記事に詳しく説明しているので、早く熱を下げて回復したい場合は是非とも実践してくれると良いです。


インフルエンザに有効な治し方


以上で夜になると熱が上がるについて終わります。

Sponsored Link


コメントを残す

このページの先頭へ