インフルエンザは何日で治る?完治の目安とは


インフルエンザは何日で治るのか、完治の目安が知りたいと思いあなたはこの記事を読んでくれていると思います。






ここではインフルエンザが何日で治るか、完治期間についてお伝えしております。


また記事の最後にインフルエンザが早く治る方法を紹介しているので、早く治したい時に是非とも活用してください。

インフルエンザは何日で治るのか?


まずインフルエンザは何日で治るのか結論を出すと3日~9日で治るのが目安であり、これはインフルエンザの熱から判定できます。


インフルエンザの熱は下がって、2日経過するまではぶり返す事があります。


これを二峰性発熱と呼んでおり、熱が下がって2日経過すればぶり返す事はほとんどなく、完治した訳ではありませんが、インフルエンザはほとんど治っております。


そして、感染する事はほとんどありません。


1日で治る人はインフルエンザで発熱して、その日にすぐに熱が下がってそのまま治るタイプの人で、そういうケースもあります。


インフルエンザa型に対して、b型は微熱ではありますが治るのに時間が掛かる傾向にあります。


そのため、インフルエンザb型で熱が出て、治るのが遅い場合だと7日程熱が続き、治るのに9日ぐらい掛かる事があるのです。


ちなみにインフルエンザの潜伏期間(症状が出るまでの期間)は1~3日程です。


この期間も含んで何日で治るか計算すると4~12日でインフルエンザは回復したという事も出来ます。

スポンサードリンク


インフルエンザは何日で完治するのか目安とは


先ほどはインフルエンザが何日で治るのかお伝えしましたが、基本的に発症から3日~9日と結論で、熱が治って2日経過すれば感染する事もほぼないです。


しかし、完治していないことがあり、特にまだインフルエンザの症状が残っている時です。


インフルエンザの症状がほぼ治っても咳・喉の痛み・鼻水などが続く事があり、咳や鼻水に関しては平熱に戻っても2~3週間程続く事もあります。


また咳・喉の痛み・鼻水は治りかけに現れやすい症状です。


インフルエンザで完治したのはすべての症状が治った時なので、何日で完治なのかを答えると3日~28日が目安となります。


28日というのは鼻水や咳が3週間程治らず、続いた場合です。

スポンサードリンク



インフルエンザを早く治す方法とは


あなたがインフルエンザを早く治したいという場合は、早く治す方法を紹介しているので、是非とも記事を参考にしてくれると良いです。


インフルエンザに有効な治し方


これを実践すれば早くインフルエンザを治す事が可能です。


そのため、出来る範囲で実践する事で次第に良くなるので、インフルエンザを何日か早く治したい時におすすめです。


以上で何日で治るのかについて終わります。

Sponsored Link


コメントを残す

このページの先頭へ