「インフルエンザの症状」の記事一覧

もしもインフルエンザを発症してしまったら、インフルエンザ症状である高熱・咳・鼻水・筋肉痛・関節痛・寒気・下痢・嘔吐などの症状が現れ、インフルエンザの症状は基本的に一週間までに治る事がほとんどで、もし長期間続く場合は別の病気を発症している事があります。

インフルエンザで夜になると熱が上がる?早く治す方法とは

インフルエンザで夜になると熱が上がるのは睡眠の影響が大きな原因であり、人は寝る時に体温を下げて寝ますが、朝から夜に掛けての時間帯は体温を上げて活動するので、インフルエンザで夜になると熱が上がるのはこれが理由です。

インフルエンザb型の症状と経過?いつまで続くのか

インフルエンザb型の症状は最初の経過なら潜伏期間が1~3日あり、症状が治りかけになると咳や鼻水の症状を伴い、最後にそれらが治ると完治の経過になり、インフルエンザb型がいつまで続くのかは個人差があり、3~28日が目安で、いつまでも続くなら注意です。

インフルエンザb型の熱の期間は何日?治し方とは

インフルエンザb型の熱は基本的に何日ぐらいの期間続くのか答えると3~7日であり、インフルエンザb型の熱はタミフルなどを服用すると熱の期間が1日だけ短くなり、途中でぶり返す事もあるので、注意しましょう。

インフルエンザb型の症状は軽い?妊婦の危険性とは

インフルエンザb型の症状が軽いのは熱が低いからそう考えられますが、タミフルや予防接種などが原因で症状が軽いケースもあり、インフルエンザb型の症状が妊婦に出た場合は重症化しやすいですし、妊婦は薬も選んで服用しないといけません。

インフルエンザb型の完治までの日数と期間?判断方法とは

インフルエンザb型の完治までに必要な日数と期間は3~28日が目安となり、やはりインフルエンザb型の中でも長引く咳が続く場合は、完治までに必要な日数が増えてしまい、治るまでの期間を判断する際は症状があるかどうかでも判断出来ます。

インフルエンザの頭痛とめまい?風呂は入って良いのか

インフルエンザの頭痛とめまいが現れる事がありますが、めまいは中耳炎や高熱によるバランスの崩れが原因であり、インフルエンザで頭痛の症状がある人はお風呂に入るのが難しいですが、痛みが軽くて条件を満たせばお風呂に入れます。

インフルエンザで熱が出ない?頭痛と喉が痛い原因とは

インフルエンザの頭痛が続くのに熱が出ない、予防接種やタミフルなどの影響で熱が出ない可能性が高く、インフルエンザの頭痛と喉が痛い状態が続く時は、花粉症なども考えられ、喉が痛い時は原因として考えられます。

インフルエンザの頭痛が残る?治らないで続く原因とは

インフルエンザで酷い頭痛の症状が出て、治らないで残るのは花粉症・副鼻腔炎・髄膜炎などが原因と考えられ、インフルエンザの薬の副作用で酷い頭痛の症状が出る事もあり、治らないで残る人は続く原因として考えられ、いつまでも続く人はストレスや姿勢の悪さも考えらます。

インフルエンザの頭痛で後頭部やこめかみが痛む?原因とは

インフルエンザの頭痛が続く時はこめかみや後頭部が痛む事があり、インフルエンザの高熱が筋肉を溶かして痛む事で痛みを伴い、こめかみや後頭部に頭痛を伴う時は花粉症や髄膜炎の疑いもあるので、注意して生活しましょう。

インフルエンザの頭痛は脳梗塞や副鼻腔炎?調べ方とは

インフルエンザの頭痛ではなく脳梗塞や副鼻腔炎が原因と考えられることがあり、45歳以下に見られる若年性脳梗塞なら頭痛を伴う事があり、インフルエンザから副鼻腔炎になった場合は顔面に痛みを伴う事も考えられます。

このページの先頭へ