「インフルエンザの症状」の記事一覧(2 / 4ページ)

インフルエンザの頭痛と耳鳴りや目の奥の痛みが出る?  

インフルエンザの症状で頭痛が続く人は目の奥が痛いと感じる人もいて、目の奥が痛い時は副鼻腔炎なども考えられ、インフルエンザの症状で頭痛と耳鳴りがする時は中耳炎が考えられ、鼓膜にウイルスが感染して炎症を起こして、耳鳴りを伴っていると考えられます。

インフルエンザの頭痛と腰痛や筋肉痛の原因と危険性

インフルエンザの症状で頭痛が現れるのはプロスタグランジンという成分が原因ですが、頭痛以外にも腰痛や筋肉痛が現れる傾向にあり、インフルエンザの症状で腰痛や筋肉痛が現れた時に横になると悪化する恐れがあるので注意しましょう。

インフルエンザの頭痛の咳と下痢?b型が原因なのか

インフルエンザの頭痛が続くのは長い人だと10日間は続き、咳や下痢などが伴う場合はインフルエンザb型の可能性が高く、特に咳や下痢が初期症状として現れた場合はその可能性が高く、ここでは頭痛の治し方を紹介します。

インフルエンザの頭痛の治し方と緩和の対処法はツボ

インフルエンザの頭痛に有効な治し方はマグネシウムを含む食べ物を摂取したりする治し方が良く、インフルエンザの頭痛の症状を緩和する方法は、冷やす事やツボを刺激する事であり、冷やして緩和する方法はやり過ぎないようにして、ツボを気が向いたら刺激すると良いです。

インフルエンザの咳だけが残る?熱なしの時はどうなる?

インフルエンザを発症したという方で咳だけが残る人が多く、熱なしという方もいるので、症状は様々と言えます。 しかし、熱なしの方や治った方で、咳だけが残るのは不安だと思います。 今回はインフルエンザの症状にある個人差を説明す・・・

インフルエンザの解熱後に咳と鼻水が止まらない?対処法とは

インフルエンザが解熱後になっても2~3日はぶり返す危険性があり、解熱後から咳と鼻水が止まらないという方はそこそこいて、インフルエンザの咳と鼻水が2週間経過しても止まらない方は、肺炎・花粉症・気管支炎・咳喘息を疑い検査をおすすめします。

インフルエンザの咳がひどい!a型は咳が止まらない?

インフルエンザの咳にしてはひどいと疑念を持つ方で、インフルエンザa型を発症して咳が止まらないという場合は、別の病気を発症している事もあり、a型ならひどくても2週間で治る事が多く、それ以上しても治らない場合は検査を行いましょう。

インフルエンザで咳と痰が長引く?いつまで継続する!?

インフルエンザの発症によって運悪く咳と痰の症状を引き起こした方は、いつまでも長引く訳ではありませんが、咳と痰が2週間以上続く事もあり、インフルエンザ以外の病気が原因なら2週間以上長引くので、いつまでも治らない方は花粉症・肺炎・気管支炎を疑いましょう。

インフルエンザの咳と鼻水が出ない?防御反応が関係!?

インフルエンザを発症したのに鼻水・くしゃみ・咳が出ないという方は、体を守る防御反応が出ていない可能性があり、鼻水や咳などの症状は体の器官をインフルエンザ菌から守るため、発症する症状なので、出ない方は免疫が弱いのか、体が元気なのかどちらかになります。

インフルエンザの潜伏期間と完治!感染期間の対策方法

インフルエンザもウイルスなので潜伏期間があり、潜伏期間は1~5日とされており、インフルエンザの感染期間は基本的に症状が発症して一週間程で、完治した方は咳や鼻水が止まり、下痢や嘔吐が見られないという基準があります。

このページの先頭へ