「インフルエンザの症状」の記事一覧(2 / 3ページ)

インフルエンザの潜伏期間と完治!感染期間の対策方法

インフルエンザもウイルスなので潜伏期間があり、潜伏期間は1~5日とされており、インフルエンザの感染期間は基本的に症状が発症して一週間程で、完治した方は咳や鼻水が止まり、下痢や嘔吐が見られないという基準があります。

インフルエンザのa型の潜伏期間と症状!検査の注意点とは

インフルエンザa型は非常に感染力が強く、潜伏期間も最短で12時間とされていて、平均的なインフルエンザよりも潜伏期間が短く、a型の症状は短期間に激しい特徴があり、高熱の症状が出て48時間以内に検査を受けるべきで、検査は早めに行いましょう。

インフルエンザの潜伏期間と家族の感染!出勤は不可能?

インフルエンザの潜伏期間は1~2日が平均ですが、体内にインフツルエンザが生存している場合は二次感染させる力があり、家族の方は潜伏期間中から感染を免れるため対策を取る事が大切で、出勤が不可能なケースもあり、出勤については会社により異なります。

インフルエンザと潜伏期間の検査反応!陽性は間違いかも?

インフルエンザの検査を潜伏期間中にしても正しい反応が出ない事が多く、インフルエンザの潜伏期間が終わって12時間以上経過すると陽性の反応がしっかりと出る事があり、検査は鼻に綿棒を擦りつけて採取する方法です。

インフルエンザの潜伏期間と感染力でうつるのか!?

インフルエンザの感染力は強く、潜伏期間の時から人にうつす力があり、インフルエンザの感染力は接触・飛沫・空気の3つのパターンでうつす力があり、これらの予防のためにも空気の換気・マスク・手洗い・うがいを頑張りましょう。

インフルエンザの症状で熱は何度?上がったり下がったり!?

インフルエンザの熱は上がったり下がったりする事が多く、熱の症状が何度か分からない方は38~40度と予想するのが良く、37度の方もいるのですが、インフルエンザの場合、上がったり下がったりするので、症状が治って2~3日は気を付けましょう。

インフルエンザのa型とb型の症状!下痢の違いと改善法

インフルエンザはa型とb型を聞く事が多いですが、b型はa型よりも下痢の症状が現れやすく、インフルエンザの下痢で脱水症状になる危険性もあり、ヨーグルトを食べて一時期食事を控えると良くなり、水分補給は頻繁に行います。

インフルエンザの熱はすぐ下がる?ぶり返す期間とは

インフルエンザで熱を出してしまった人は、すぐ下がる事もあり、油断する人がいますが、インフルエンザの熱はぶり返す事があり、すぐ下がる人はその傾向が高く、基本的に症状が治って2~3日は再発する恐れがあるため、安静に過ごしましょう。

インフルエンザの症状で子供が元気?軽い時は危険!

子供が元気なのにインフルエンザを発症している時は、子供の症状が軽い事が多く、逆にインフルエンザの症状が軽い時は二次感染しやすく、対処がしづらいという危険があり、元気な時でも外で遊ばせたりしない方が無難でしょう。

インフルエンザの下痢が止まらない!治りかけに再発する?

下痢が止まらない人はインフルエンザが体内に侵入した可能性があり、インフルエンザの症状で下痢が止まらない時は1日に20回排便を繰り返す子供もいて、症状が治りかけの時に現れる事もあり、水を飲んで、梅干を食べると良いです。

このページの先頭へ