「2015年9月」の記事一覧

インフルエンザの症状で熱は何度?上がったり下がったり!?

インフルエンザの熱は上がったり下がったりする事が多く、熱の症状が何度か分からない方は38~40度と予想するのが良く、37度の方もいるのですが、インフルエンザの場合、上がったり下がったりするので、症状が治って2~3日は気を付けましょう。

インフルエンザのa型とb型の症状!下痢の違いと改善法

インフルエンザはa型とb型を聞く事が多いですが、b型はa型よりも下痢の症状が現れやすく、インフルエンザの下痢で脱水症状になる危険性もあり、ヨーグルトを食べて一時期食事を控えると良くなり、水分補給は頻繁に行います。

インフルエンザの熱はすぐ下がる?ぶり返す期間とは

インフルエンザで熱を出してしまった人は、すぐ下がる事もあり、油断する人がいますが、インフルエンザの熱はぶり返す事があり、すぐ下がる人はその傾向が高く、基本的に症状が治って2~3日は再発する恐れがあるため、安静に過ごしましょう。

インフルエンザの症状で子供が元気?軽い時は危険!

子供が元気なのにインフルエンザを発症している時は、子供の症状が軽い事が多く、逆にインフルエンザの症状が軽い時は二次感染しやすく、対処がしづらいという危険があり、元気な時でも外で遊ばせたりしない方が無難でしょう。

インフルエンザの下痢が止まらない!治りかけに再発する?

下痢が止まらない人はインフルエンザが体内に侵入した可能性があり、インフルエンザの症状で下痢が止まらない時は1日に20回排便を繰り返す子供もいて、症状が治りかけの時に現れる事もあり、水を飲んで、梅干を食べると良いです。

インフルエンザの症状と下痢!腹痛や吐き気の対処方法とは

インフルエンザは発症すると急に腹痛を伴い、その後に下痢や吐き気の症状が出る事があり、インフルエンザの腹痛はお腹を反時計回りに撫でると良く、下痢や吐き気がある時は食事を控えて、水を積極的に飲んで過ごすと良いです。

インフルエンザの症状と2016年の子供!吐き気の対処法

インフルエンザでは吐き気の症状が初期に起こりやすく、子供をインフルエンザから守るために2016年はヨーグルトを食べさせるのが良く、2016年は10~4月が流行るので、子供に対策をやらせるべきで、吐き気の症状が出たら食事を控えて、安静にさせます。

インフルエンザの症状と2016年の微熱!熱が出ない事も?

インフルエンザは予想通り2016年も現れると分かっており、インフルエンザで微熱の症状が出るケースはb型に多く、微熱は2~4日で治る事が多く、インフルエンザの症状で熱が出ない事もあり、熱が出ないのは風邪薬や予防接種が原因と考えられます。

インフルエンザの症状と2016!喉の痛みと咳が止まらない

インフルエンザは2016年も容赦なく感染して、喉の痛みや咳が止まらないなどの症状を伴う事になり、インフルエンザで喉の痛みの症状がある時は温かい飲み物を飲み、咳は生姜湯を飲んで生活すると止まらない状態が治り、2016年を無事に生活出来ます。

インフルエンザは6月の時期はずれにかかる?流行時期とは

インフルエンザは11~4月が流行時期と思われがちですが、6月の時期はずれにもインフルエンザが流行する事もあり、このはずれた時に蔓延するのは新型に変化したのが理由であり、これからは6月以外にも患者が増えると思うので気を付けましょう。

このページの先頭へ