「2015年10月」の記事一覧

インフルエンザの解熱後に咳と鼻水が止まらない?対処法とは

インフルエンザが解熱後になっても2~3日はぶり返す危険性があり、解熱後から咳と鼻水が止まらないという方はそこそこいて、インフルエンザの咳と鼻水が2週間経過しても止まらない方は、肺炎・花粉症・気管支炎・咳喘息を疑い検査をおすすめします。

インフルエンザの咳がひどい!a型は咳が止まらない?

インフルエンザの咳にしてはひどいと疑念を持つ方で、インフルエンザa型を発症して咳が止まらないという場合は、別の病気を発症している事もあり、a型ならひどくても2週間で治る事が多く、それ以上しても治らない場合は検査を行いましょう。

インフルエンザで咳と痰が長引く?いつまで継続する!?

インフルエンザの発症によって運悪く咳と痰の症状を引き起こした方は、いつまでも長引く訳ではありませんが、咳と痰が2週間以上続く事もあり、インフルエンザ以外の病気が原因なら2週間以上長引くので、いつまでも治らない方は花粉症・肺炎・気管支炎を疑いましょう。

インフルエンザの咳と鼻水が出ない?防御反応が関係!?

インフルエンザを発症したのに鼻水・くしゃみ・咳が出ないという方は、体を守る防御反応が出ていない可能性があり、鼻水や咳などの症状は体の器官をインフルエンザ菌から守るため、発症する症状なので、出ない方は免疫が弱いのか、体が元気なのかどちらかになります。

インフルエンザの潜伏期間と完治!感染期間の対策方法

インフルエンザもウイルスなので潜伏期間があり、潜伏期間は1~5日とされており、インフルエンザの感染期間は基本的に症状が発症して一週間程で、完治した方は咳や鼻水が止まり、下痢や嘔吐が見られないという基準があります。

インフルエンザのa型の潜伏期間と症状!検査の注意点とは

インフルエンザa型は非常に感染力が強く、潜伏期間も最短で12時間とされていて、平均的なインフルエンザよりも潜伏期間が短く、a型の症状は短期間に激しい特徴があり、高熱の症状が出て48時間以内に検査を受けるべきで、検査は早めに行いましょう。

インフルエンザの潜伏期間と家族の感染!出勤は不可能?

インフルエンザの潜伏期間は1~2日が平均ですが、体内にインフツルエンザが生存している場合は二次感染させる力があり、家族の方は潜伏期間中から感染を免れるため対策を取る事が大切で、出勤が不可能なケースもあり、出勤については会社により異なります。

インフルエンザと潜伏期間の検査反応!陽性は間違いかも?

インフルエンザの検査を潜伏期間中にしても正しい反応が出ない事が多く、インフルエンザの潜伏期間が終わって12時間以上経過すると陽性の反応がしっかりと出る事があり、検査は鼻に綿棒を擦りつけて採取する方法です。

インフルエンザの潜伏期間と感染力でうつるのか!?

インフルエンザの感染力は強く、潜伏期間の時から人にうつす力があり、インフルエンザの感染力は接触・飛沫・空気の3つのパターンでうつす力があり、これらの予防のためにも空気の換気・マスク・手洗い・うがいを頑張りましょう。

このページの先頭へ