「熱の特徴」タグの記事一覧

インフルエンザの中でも熱の症状は存在感があり、インフルエンザの潜伏期間が終わると38~40度の高熱を出す方は多く、一度治ってもぶり返す事があり、特に熱がすぐ下がった人や軽症の人はその傾向があり、インフルエンザの症状でも対処に困ると思うので、以下の記事に対策を載せています。

インフルエンザb型の熱の期間は何日?治し方とは

インフルエンザb型の熱は基本的に何日ぐらいの期間続くのか答えると3~7日であり、インフルエンザb型の熱はタミフルなどを服用すると熱の期間が1日だけ短くなり、途中でぶり返す事もあるので、注意しましょう。

インフルエンザの解熱後に咳と鼻水が止まらない?対処法とは

インフルエンザが解熱後になっても2~3日はぶり返す危険性があり、解熱後から咳と鼻水が止まらないという方はそこそこいて、インフルエンザの咳と鼻水が2週間経過しても止まらない方は、肺炎・花粉症・気管支炎・咳喘息を疑い検査をおすすめします。

インフルエンザの症状で熱は何度?上がったり下がったり!?

インフルエンザの熱は上がったり下がったりする事が多く、熱の症状が何度か分からない方は38~40度と予想するのが良く、37度の方もいるのですが、インフルエンザの場合、上がったり下がったりするので、症状が治って2~3日は気を付けましょう。

インフルエンザの熱はすぐ下がる?ぶり返す期間とは

インフルエンザで熱を出してしまった人は、すぐ下がる事もあり、油断する人がいますが、インフルエンザの熱はぶり返す事があり、すぐ下がる人はその傾向が高く、基本的に症状が治って2~3日は再発する恐れがあるため、安静に過ごしましょう。

このページの先頭へ